PR

新幹線長崎ルート「フル規格」 与党、佐賀知事と面会要望

PR

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の整備方式をめぐり、与党検討委員会の山本幸三委員長は6日、佐賀県議会に桃崎峰人議長を訪れ、検討委として未着工区間もフル規格が適当だとする見解をまとめたことを伝えた。山本氏は、フル規格に反対する山口祥義知事に面会を求める考えを示した。

 会談で山本氏は、フル規格を求める長崎県や営業主体のJR九州に加え、国土交通省を交えた4者による協議に参加するよう要請した。会談後、桃崎氏はフル規格化の是非について「各議員での議論を待ちたい」と述べた。

 一方、自民党佐賀県連に所属する国会議員5人全員が同日、同県内の議員有志でつくり、九州新幹線長崎ルートの全線フル規格化を目指す「フル規格促進議員の会」の顧問に就任した。

 今村雅弘衆院議員(比例九州)が、最高顧問に就いた。連携してフル規格の実現に取り組む。

この記事を共有する

おすすめ情報