PR

武雄の名勝「御船山楽園」舞台に光と音のデジタルアート展

PR

佐賀県武雄市の「御船山楽園」で開かれているデジタルアート展「かみさまがすまう森」
佐賀県武雄市の「御船山楽園」で開かれているデジタルアート展「かみさまがすまう森」

 佐賀県武雄市にある国指定の名勝地「御船山楽園」で、光と音を駆使し幻想的な空間を演出するデジタルアート展「かみさまがすまう森」が開かれている。江戸時代に造成された約50万平方メートルの庭園にある池や廃虚の浴場などが舞台となり、訪れた人を楽しませている。11月4日まで。

 プログラマーや建築家などが集まるアート集団「チームラボ」が平成27年から手掛け、今年で5回目。浴場跡は日中も鑑賞可能で、床や壁に投影された絶滅危惧種のチョウや両生類が動き回ったり、花々や滝のような光の筋が映し出されたりする。

 多彩な光が当てられた池では幻影のコイが泳ぎ、奈良時代の僧、行基が彫ったとされる石仏群も光の演出が施され、陰影が際立つ。

 午前11時半~午後10時半。入場料は大人1200円~1400円、中高生800円、小学生600円。問い合わせは同園(0954・23・3131)。

この記事を共有する

おすすめ情報