PR

九電、玄海3号機の対テロ施設計画を申請 運転停止回避目指す 佐賀

PR

 九州電力は16日、定期検査中の玄海原発3号機(佐賀県玄海町)に新設するテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の工事計画の一部を原子力規制委員会に申請し、原発の稼働停止を避けるために設置期限の令和4(2022)年8月までに完成を目指すと発表した。認可され次第、着工する。

 規制委は今年4月、期限内に特重施設が完成しない場合、運転停止を命じる方針を表明した。

 来年3月に設置期限を迎える川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)、来年5月の川内2号機は、ともに特重施設の完成が期限より1年程度遅れる見通しで、停止する可能性がある。

 加えて、川内より規模の大きな玄海3、4号機が停止に追い込まれた場合、電力供給態勢や経営への打撃は深刻で、九電は特重施設の完成を急ぐ。

 玄海3号機の特重施設の工事計画は対象を3段階に分け、今回はこのうち、原子炉格納容器と特重施設をつなぐ配管や安全弁の計画を申請した。できるだけ早く着工するための措置で、残る特重施設の建屋と、建屋内部に設置する緊急時の制御室なども順次申請する。

 九電は、令和4年9月に設置期限を迎える玄海4号機の特重施設についても工事計画の申請を準備している。また、川内1、2号機の特重施設も、完成を急ぐ考えを示した。

この記事を共有する

おすすめ情報