PR

「R&B歌手」が佐賀PR なりきりロバート秋山さんが動画

PR

架空の女性R&B歌手に扮し、佐賀市の靴店を訪れる「ロバート」の秋山竜次さん((c)クリエイターズ・ファイル/honto+)
架空の女性R&B歌手に扮し、佐賀市の靴店を訪れる「ロバート」の秋山竜次さん((c)クリエイターズ・ファイル/honto+)

 お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さんが個性的な架空の人物になりきる企画で、佐賀県出身の女性R&B歌手に扮(ふん)して県をPRする動画が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で人気を集めている。

 県の情報発信プロジェクトで、秋山さんの企画「クリエイターズ・ファイル」。歌姫「UMBRELLA(アンブレラ)」が故郷に帰り、原点を見つめ直すという設定で、3月に動画2本が公開された。

 「母校」の唐津商業高や、中学の1年間を過ごしたとする鳥栖市の菓子店などを訪れ、住民と触れ合う。佐賀市の商店街では、靴店のショーケースで商品を入れ替える店主を見かけ、代表曲「SHOW CASE BOY」の着想を得た人物と明かし、独特の世界観で笑いを誘う。

 県の担当者は「観光名所だけでなく、地元の人しか知らないような店や食べ物を取り上げてくれた。佐賀のローカルな魅力を知ってもらうきっかけになってほしい」と話した。

 秋山さんがこの企画で自治体をPRするのは、熊本県上天草市に続いて2例目となる。

この記事を共有する

おすすめ情報