PR

新品種イチゴの苗流出 佐賀

PR

 佐賀県は、県が中心に開発したイチゴの新品種「いちごさん」の品種登録出願中だった平成29年春ごろ、県農業試験研究センターに勤務していた再任用の60代男性職員が、苗を外部に流出させていたと発表した。県内2軒の農家に渡ったが、それ以上の拡散は確認されていないという。

この記事を共有する

おすすめ情報