PR

静岡市、世界発信へロゴマーク刷新 「まちは劇場」ブランド化

PR

新しいロゴマークへのこだわりを語るデザイナーの太刀川英輔さん=静岡市役所
新しいロゴマークへのこだわりを語るデザイナーの太刀川英輔さん=静岡市役所

 静岡市は最重要課題と位置づける五大構想の一つである「まちは劇場」の取り組みで“世界化”に乗り出す。大道芸ワールドカップ(W杯)などの市内で繰り広げられる各種イベントを統一ブランド「まちは劇場」の旗頭の下で展開することで訴求力を高め、訪日外国人客(インバウンド)の増加を狙う。18日の定例会見で田辺信宏市長が世界化に向けて刷新したロゴマークを披露。「世界中から『まちは劇場』の静岡に来てもらうというフェーズにステップアップしていく」とアピールする。(石原颯)

                   

 新ロゴマークは鮮やかな水色を基調に、ページをめくるイメージに富士山の形を重ね合わせたようなデザイン。ページがめくられた部分には「ON STAGE SHIZUOKA」の文字が刻まれている。デザインした横浜市のデザイナー、太刀川(たちかわ)英輔さん(38)は「あなたにとってのステージをいっぱい作りますという意味を込めて『ON STAGE』という言葉を選んだ。活躍の場が広がっていく一助になればと思う」と話した。

 ロゴマークとしては珍しく絵柄や文字列が右下に寄っている。「主張しないで右下にちょこっといるロゴをイメージした」と太刀川さん。資料の片隅に滑り込ませることができるデザインで幅広い利用を促し露出を増やすとともに「まちは劇場」を推進する主役はあくまで市ではなく市民であるというメッセージを伝える狙い。

 「まちは劇場」は静岡市が掲げる「五大構想」のうち、ソフト施策を中心とした取り組み。ストリートなど屋外に観光客を呼び込む活動計画が高い評価を受け、平成30年度に地域の芸術・文化を活用した国際発進力のあるまちづくりを支援する文化庁の「国際文化芸術発信拠点形成事業」に採択された。

 市が目指すのは英・エディンバラ市のように同時多発的なイベントを呼び水にしたインバウンド誘致。8月に多数のイベントが開催され、世界中から多数の観光客が訪れるという。

 市はこうした事例を参考とし、春と秋に行われる大規模イベントを中心に、「まちは劇場」にひも付け、積極的にプロモーションをかけることで訴求力を高める。春はゴールデンウイークに世界最先端の舞台芸術が結集する「ふじのくに↓↑せかい演劇祭」と関連するダンスなどのストリートイベント「ストレンジシード」、秋は大道芸W杯が軸となる。また、「まちは劇場」の関連イベントを集約したウェブページも作製し、観光客の増加につなげる。

 さらに独自のイベント評価システムの構築も進める。従来、来場客数で測られていたイベント評価の仕組みを抜本的に見直し、経済波及効果や社会的・文化的影響など多角的な視点を盛り込んだイベントの評価指標を構築。静岡文化芸術大も協力し、効率的、効果的なイベント運営につなげる。

 市はイベントが集中する期間、中心市街地の商店街に新ロゴを使ったつり下げ型の旗を設置し、お祭り感を醸成する。30年度の市民意識調査では「まちは劇場」の認知度は16・1%と低迷。海外だけではなく、市民の認知度も高め、参画を促すことで、まち全体での盛り上げにつなげたい考え。

この記事を共有する

おすすめ情報