PR

イノシシラーメンいかが 福井・殿下で限定販売 地元産にこだわった「あっさり風味」

PR

 福井市殿下地区で、イノシシをスープや具材に使った「殿下福亥(ふくい)のししラーメン」の限定販売が始まった。地区の農作物被害対策として捕獲されたイノシシを活用。スープの仕込みに地元の水を使い、市内で製造されたみそで味付けするなど、「地元産にこだわった味」とアピールしている。

 伐採から搬出までを自前で行う自我型林業に取り組む「こしのくに里山再生の会」や同地区の地域おこし協力隊らの共同プロジェクト。農家レストラン「かじかの里山殿下」(同市畠中)内に、同レストランが休業中の1~2月の期間限定でオープンした「福亥軒」で販売している。

 昨年同地区にUターンし、開発を手掛けた同会代表理事の松平成史さん(45)によると、スープは市内のジビエ処理施設から提供されたイノシシの骨や野菜、地元の越知山の伏流水で煮込んだだしを使用し、近隣の同市鷹巣地区にある製造元のみそで味付け。具材はしょうゆで甘辛く煮込んだイノシシのバラ肉を使い、あっさりした風味に仕上がったという。

 オープン初日の11日には開店と同時に地区住民や市外から多くの人が訪れた。大野市の介護福祉士、大竹口健一さん(47)は「見た目はこってりだが、スープはあっさりしていた。イノシシの肉も甘みがあっておいしい」と話した。

 松平さんは「イノシシを使った味を楽しんでほしい。イノシシを活用して地元を盛り上げていきたい」と意気込んでいる。

 1杯千円(税込み)。2月23日までの毎週金、土曜の午前11時半~午後2時、午後5時~6時半。材料がなくなり次第営業を終了する。

この記事を共有する

おすすめ情報