産経ニュース for mobile

仙台市長選に郡衆院議員が出馬表明 新人4氏の争いに

記事詳細

仙台市長選に郡衆院議員が出馬表明 新人4氏の争いに

更新

 任期満了に伴う仙台市長選(7月9日告示、23日投開票)で、民進党衆院議員(比例東北)の郡和子氏(60)が9日、立候補を表明した。無所属での出馬となる。既に元衆院議員の大久保三代氏(40)、冠婚葬祭業社長の菅原裕典氏(57)、元衆院議員の林宙紀(ひろき)氏(39)の3氏が出馬を表明。現職の奥山恵美子氏(65)は次期市長選には出馬せず引退の意向を示しており、新人4氏が争う構図がほぼ固まった。

<< 下に続く >>

 郡氏は表明にあたり、いじめなどによる中学生の自殺が相次いだ問題に言及。遺族が推薦する委員の選任や教育長の交代など機能強化に取り組むとして「いじめ防止条例(仮称)」の策定を公約に掲げた。

 このほか、仙台に残ることを条件とする仙台版奨学金の創設▽フィンランドの取り組みを手本とする妊娠から出産後の育児までの支援制度「仙台版ネウボラ」の導入-など7つの重点政策を発表した。

 郡氏は12年にわたる国会議員経験や、東日本大震災後に復興政務官を務めたことを念頭に「政治キャリアは他の人より長い。民主党政権では霞ケ関の官僚と被災地の問題解決に当たった。政治、行政が何であるか、いずれの人より知っている」と強調した。

 郡氏については、弁護士や大学教授らで作る市民団体が立候補を要請。民進党県連も擁立に向けた最終調整を進めてきた。