産経ニュース for mobile

仕事と育児、両立応援 草津でイベント、夫婦ら参加 滋賀

記事詳細

仕事と育児、両立応援 草津でイベント、夫婦ら参加 滋賀

更新

 働きながら育児に取り組む夫婦を応援しようと、県は草津市内で「育休後のハッピー・キャリア・カフェ」を開いた。産休、育休中などの人たちが参加し、仕事と育児の両立について、経験者の講演などを聴きながら理解を深めた。

<< 下に続く >>

 産休、育休から復帰した後の働き方などについて考えてもらおうと、県女性活躍推進課が開いた。産休、育休中や復帰した夫婦ら33人が参加した。

 イベントでは、育休後コンサルタントの山口理栄さんが講演。山口さんは総合電機メーカーで2度育休を取りながら、24年にわたって勤務し、管理職まで務めた。その経験を踏まえ、母親が子供の迎えや食事づくりなど「育児、家事全てを1人で抱え込む必要はない」と強調。「仕事がクビになっても母親の仕事はクビにならない。開き直ることが大切」とアドバイスした。

 講演後には、育児と仕事をこなす県内の女性2人が登壇。夫との協力や働き方などを紹介した。2人は「失敗しても無駄にならない。何でも糧になるのでチャレンジしてほしい」とエールを送っていた。

プッシュ通知