産経ニュース for mobile

都営住宅、44世帯高収入 立ち退き請求へ 年収1700万円も

記事詳細

都営住宅、44世帯高収入 立ち退き請求へ 年収1700万円も

更新

 都は17日、都営住宅の入居者の収入を調べた結果、44世帯の所得が基準を上回る高水準だったと発表した。

<< 下に続く >>

 最も多かったのは、50代の自営業者で年収約1746万円だった。都は9月30日までの立ち退きを求め、従わない場合は提訴する。

 都によると、44世帯は平成25、26年の2年連続で基準を上回る高額所得があったほか、入居後5年以上が経過しており、「転居が可能」と判断された。

 世帯主は30~80代で、自営業、会社役員、会社員など。うち6世帯は25年の年収が700万円を超えていた。都は高収入の世帯に自発的な退去を促してきたが従わないため、審査会に諮り、期限付きでの退去を求めることになった。