産経ニュース for mobile

元タカラジェンヌ写真家、カラフルにロンドンを撮る 大阪で作品展

記事詳細

元タカラジェンヌ写真家、カラフルにロンドンを撮る 大阪で作品展

更新

 元タカラジェンヌの写真家、四方花林(しかた・かりん)さん(25)の写真展「KiRAKiRA(キラキラ)」が11月4日、大阪市北区の阪神梅田本店で始まった。英ロンドンで撮影した色鮮やかな作品を展示している。

<< 下に続く >>

 四方さんは平成20年に宝塚歌劇団に入団し、「ひなたの花梨(かりん)」として星組で活躍。24年に退団後、写真家に転身した。ロンドン留学を経て、国内外で個展を開いているが、大阪では初。

 会場には、赤や青、黄色、ピンクなどのテープで作ったロンドンの地下鉄路線図の上に、CDジャケットに見立てた作品など約160点を展示。カラフルな色使いで、ロンドンの自由さや楽しさを表現した。

 四方さんは「ロンドンにワープしたような気分に浸って」と話している。入場無料。午前10時~午後8時(最終日は午後5時まで)。問い合わせは阪神梅田本店(電)06・6345・1201。