PR

池江選手の五輪1年前メッセージ クリエーターが内幕語る

PR

聖火の入ったランタンを掲げる池江璃花子選手=7月23日、東京都新宿区の国立競技場(代表撮影)
聖火の入ったランタンを掲げる池江璃花子選手=7月23日、東京都新宿区の国立競技場(代表撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 7月23日に2度目の「開幕1年前」を迎えた東京五輪。国立競技場で競泳女子の池江璃花子選手(20)=ルネサンス=が来夏の開会式の開始時刻に合わせて発したメッセージは、配信当日だけで国内約500万回の視聴を記録するなど大きな反響を呼んだ。仕掛け人はクリエーティブディレクターの佐々木宏氏。大会延期を少しでもポジティブにとらえ、「苦しいときも希望があれば頑張れる」との思いを、シンプルな演出に込めたという。

 佐々木氏はソフトバンクの「白戸家シリーズ」をはじめ数多くのCMを世に送り出した広告人。演出チームの1人としてかかわった2016年リオデジャネイロ五輪閉会式の五輪旗引き継ぎ式(フラッグハンドオーバーセレモニー)では、安倍晋三首相がゲームの人気キャラクターに扮した「安倍マリオ」も話題となった。東京五輪・パラリンピックの開閉会式でも、パラリンピック担当統括を務める。

 東日本大震災が発生した際、自粛ムードが広がる中で著名人が「上を向いて歩こう」を歌いつなぐCMを制作するなど「何かが起こるとスイッチが入る」という佐々木氏だが、今回のコロナ禍では当初「何をやるべきか分からなくなり、家にこもっていた」という。

 そんな中、開幕1年前に何らかのメッセージを発信したいと考えていた大会組織委員会から、依頼を受けた。

 「国際オリンピック委員会(IOC)や組織委、政財界からの声は聞こえるが、アスリートがどういう気持ちでいるのか、発信が少ない気がした」。そこで、今の思いを伝えるアスリートの代表として浮かんだのが、池江選手だったという。

 昨年2月に白血病を公表した池江選手は長い闘病生活の末、同12月に退院。プールでの練習も再開するまでに回復し、2024年パリ五輪出場を目指している。「他のアスリートとは少し違うが、もう一回五輪に向けて頑張ろうとしている。その発言や思いには強いものがあり、メッセージを発するにふさわしい」と佐々木氏。池江選手も快諾し、プロジェクトがスタートした。

 当初は新聞広告や映像の活用を考えていたが、池江選手側と対話を重ねる中で、動画制作とともに池江選手本人に直接メッセージを発してもらう方向に傾いた。セリフが事前に用意されるイベントも少なくない中、「(メッセージは)ほぼ池江さんの言葉。わざとらしい演出を加えることはなるべくしないで、ご自分のメッセージに合わせて映像を淡々とつなぐという作業をしてきた」と語る。

 約4分間のメッセージには、「世の中がこんな大変な時期に、スポーツの話をすること自体、否定的な声があることもよく分かります」というくだりがある。

 佐々木氏自身もテレビでスポーツの話題が出るとチャンネルを変えた時期があったといい、「普通はそうだろう」と共感する。ただ一方で「暗い気持ちで日々過ごしていても、何の目標もない。一人の人間として楽しいことを考えながら今を頑張るという、そういうバランスが欲しい」とも感じたという。

 池江選手からも「『退院できない』と言われてずっと入院しているのと、『いつかは退院できる。その後どんな楽しいことが待っているか』という気持ちでいるのとでは、ずいぶん違う」との発言があったといい、いかに希望が大切かとの思いを強くした。

 佐々木氏はプロジェクトにあたり、サッカーの長友佑都選手がテレビ番組で発したあるコメントにも感銘を受けた。「(外出自粛が続き)『サッカーは生きるためにあまり必要なものではないというのが分かりました。ただ、幸せになるためにサッカーは必要だなと思いました』というメッセージを淡々とおっしゃっていて、ものすごくいいなと思った」

 それは、「もう一度プールに戻りたい」との一心で苦しい治療を乗り越えた池江選手の「希望が遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても、前を向いて頑張れる」とのメッセージにも通じる。東京五輪・パラリンピックは、そうした「楽しいこと」の一つであり、聖火は遠くに輝く希望の光でもある。

 開幕1年前プログラムのタイトルは「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~」。大会延期を前向きに考えようとの思いを込めた「+1」というキーワードは、延期決定直後からSNS上で飛び交い、発信者の許可を得てタイトルに加えた。

 メッセージは、東京五輪をめぐるさまざまな意見をすべて受け入れつつ、先行きが不透明な中でも希望を失わず進もうと呼び掛ける。大役を務めあげた池江選手は終了後、ツイッターに「沢山の方々に想いが届きますように」とつづった。(運動部 森本利優)

この記事を共有する

おすすめ情報