PR

切った絆と哀愁と…鉛筆で描いた釜ケ崎の半世紀

PR

 人目もはばからず昼間から歩道に座り込み酒を飲み交わすグループや、泥酔状態で寝そべる人たち-。簡易宿泊所が集まる大阪市西成区の「釜ケ崎(あいりん地区)」のリアルな日常を描いた画集「あゝ死と生の釜ヶ崎」(新風書房)が出版された。半世紀近く街を見続けてきた竹田繁司さん(84)が「釜ケ崎のありのままの姿を残したかった」と趣味で描いたスケッチをまとめた。街に集まる路上生活者や労働者の中には家族との絆をさまざまな事情で断ち切った人も多い。鉛筆書きのその絵からは、彼らの孤独や哀愁がにじみ出る。

(北村博子)

路上生活や炊き出し風景

 「暗がりトイレに軒下寝床。それが15年くらい前の西成名物でした」

 暗がりトイレは道端の暗闇で用を足すこと。また軒下寝床はあいりん労働福祉センターや店の軒先など雨の当たらない場所で、野宿をすることだという。

 竹田さんは奈良県五條市の出身だが、仕事の関係で50年ほど前、西成区に隣接する阿倍野区に移り住んだ。趣味の囲碁が高じて本業の傍ら、釜ケ崎に碁会所を開いたことから、同地区に出入りするようになったという。碁会所はすでに閉めたが、今はその建物に住んでいる。

霞町交差点で寝る人(「あゝ死と生の釜ヶ崎」から)
霞町交差点で寝る人(「あゝ死と生の釜ヶ崎」から)
その他の写真を見る(1/5枚)

 スケッチは、地面に寝転がる路上生活者の日常や、行列を作る公園での炊き出し、掘っ立て小屋で散髪する理容店や道路にゴザを敷いて物を並べた露店-など、昭和から平成にかけての風景や日雇い労働者たちの姿を描いた約130枚。すべて鉛筆画だ。

 記録に残そうと自身が撮影してきた写真から描き起こしたものが中心で、雑誌や新聞などに掲載された写真を参考に記憶を呼び起こした絵もあるという。

ドロボー風呂

 簡易宿泊施設の住人の一人が車にはねられた際の警察の対応をめぐって、住民らと警察が対立した昭和36年の「西成暴動」も記憶に色濃く残る出来事として、新聞記事の引用のほか、仲間たちの生の声などを交えて詳しく伝えている。

若い時の住宅ローンの保証が元で路上生活になったと話した男性(平成11年)
若い時の住宅ローンの保証が元で路上生活になったと話した男性(平成11年)
その他の写真を見る(2/5枚)

 「釜ケ崎はアンコ(日雇い労働者の俗称)の町。日本中から出稼ぎや夜逃げなどで寄って来る。事情がある人がここで生活する。みな、まともじゃないです。酒飲むわドロボーするわ。それが何十年と続いてる」と竹田さん。

 日雇い労働者が必死に働いてためた29万円を握りしめ、家族に「今年こそ帰るよ」と連絡した後、窃盗が頻発する“ドロボー風呂”で全額を盗まれ泣いていた姿や、「生きることが死ぬことよりまだ辛い」「どうすりゃいいんだ! 死にてえ」などと言い残して自殺した知り合いたちのことを、今も絵を描きながら思い出すという。

釜ケ崎の本当の姿を

 日銭を稼いで自由気ままに過ごす多くの労働者たち。その裏で苦悩する家族の思いを映したスケッチもある。建物の壁に“人探し”の張り紙が貼られた昭和30年代の街角の風景だ。雑誌か何かの写真を模して描いたというが、竹田さんが釜ケ崎へやってきた昭和40年代にも同様の風景が日常的にあったという。

ちょっと一杯。釜ケ崎スタンド
ちょっと一杯。釜ケ崎スタンド
その他の写真を見る(3/5枚)

 「住所を移してないからどこにいるのかわからないんです。ここの上に住んでた人は、20年くらい前に嫁さんがなんとか探し出して尋ねに来てた。でも帰らない。この町は安く生活できるからね」と説明する。

 また眼鏡に中折れ帽の中年の男が、布に包んだ乳飲み子を胸に抱えたスケッチ「捨て子と労務者」にはこんな詩を添えている。

 「誰がなぜ捨てたのか そのこんせきはわからない この児を俺が一人前に仕上げてみせると彼は言った しかしいつのまにか彼は釜ヶ崎から消えた 今はどうしているのだろうか あの女児も生きておれば二十歳を過ぎている(一部抜粋)」

 男と話したわけでもなく、実際のところは何もわからない。ただそうであってほしいと願いながら筆を走らせたという。竹田さんは「悪い人もいれば善人もいた。心通わせてくれる人たちがいた」と振り返り、「釜ケ崎の本当の姿を誰も書いていない。事実を知ってほしいだけ」と刊行の理由を語った。

ガード下の自転車のそばで寝転ぶ浮浪者(平成9年)
ガード下の自転車のそばで寝転ぶ浮浪者(平成9年)
その他の写真を見る(4/5枚)

 釜ケ崎の真実に迫った1冊。かつて大阪の寄席芸人が住んでいた町の物語「てんのじ村」の著者で、大阪を代表する作家の一人である難波利三さんは「絵も文もリアリティーにあふれ、ページを繰るたびに胸が痛みます。決してスマートな絵ではありませんが、精緻な筆遣いで描かれているので、写真では及ばない生々しさが伝わってきます。貴重な記録として後世に残したい資料的価値がありそうです」との感想を寄せている。

 A5判151ページ、税別1200円。問い合わせは新風書房(06・6768・4600)。

この記事を共有する

おすすめ情報