PR

【藤本欣也の香港探訪】中国人“爆買い”の街に「トイレも使えるマスク」があった!

PR

香港・上水では中国人客が来なくなりシャッターを下ろした店が目立つ(藤本欣也撮影)
香港・上水では中国人客が来なくなりシャッターを下ろした店が目立つ(藤本欣也撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。中国広東省に隣接する香港でも同様だ。香港政府は防疫対策として中国本土との境界の大部分を閉鎖した。となると、中国人の“爆買い”の街、上水はどうなってしまうのか。香港最北部に向かった。

 新界地区の上水は、広東省深センから4キロしか離れていない人口約9万人(2016年調べ)の街だ。

 すぐ近くにある羅湖の出入境施設を通って、中国本土から毎日のように「水貨客」たちが押し寄せてくることで知られた。

 水貨客とは、薬や化粧品などを“爆買い”して、中国本土で転売し利ザヤを稼ぐ中国人たちのことだ。

 地元、北区の林子●=王へんに京=(りん・しけい)区議会議員(民主党)は水貨客の悪影響についてこう列挙する。

 (1)狭い車道を中国人たちが大きなスーツケースを引きずって歩くので渋滞を引き起こす(2)商品が入っていた段ボールなどのゴミが街に散乱する(3)薬や化粧品、日用品の価格、レストランの食事代、テナント料が上がり、地元住民の生活に響く(4)古い商店がつぶれ、中国人客目当ての薬局や化粧品店ばかりが出店するようになった-などだ。

 転機が訪れたのは昨年6月。逃亡犯条例改正問題を発端に香港政府・中国共産党への抗議デモが本格化し反中ムードが広がった。上水でも若者らがデモを行い、中国人の“爆買い”への反対運動が起きた。

 香港紙、蘋果日報によると、「この2カ月間で中国人の客が2割減り、店舗の1割以上が閉店に追い込まれた」(地元の商工会)という。

 追い打ちをかけたのが新型肺炎だ。香港政府は防疫対策として2月4日、羅湖の出入境施設を閉鎖した。事実上、上水に入るゲートを閉めたも同然である。

 上水はどうなっているのか。九竜半島南部のホンハムから鉄道で約30分、中国人の“爆買い”で知られた街へ向かった。

□ □

 上水駅前の商店街を歩く。意外にも活気があった。シャッターを下ろした店も目立つが、営業している店舗も多い。

 さすがにスーツケースを引きずる水貨客の姿はなかった。住民たちが薬局の店頭にたむろしている。お目当てはマスクらしい。

 「ウイルスを防げるのか?」。女性店員に問いかける男性もいた。

 店頭に並んでいるマスクは韓国製が多かった。商品説明はハングルで書かれているので、住民にはちんぷんかんぷんなのだろう。

 「黄砂用マスク」「微小粒子状物質(PM2・5)用マスク」「防塵用マスク」と記された商品が1枚25香港ドル(約350円)前後で売られていた。

 日本語で書かれたマスクを見つけた。「新素材採用 ポリウレタンマスク」。1袋(4枚入り)45香港ドル(約640円)だった。1枚の価格は韓国製の半値以下だ。

 袋の裏面に使用上の注意が日本語で表記されている。目を丸くした。

 「マスクは再利用可能トイレも使える」

 えっ一体、どんなマスクなんだ。マスクで用を足そうとは思わない。しかし…。

 「ガス漏れに対しては、このマスクを使いません」

 そりゃそうだろう…。

 次の日本語には思わず吹き出してしまった。

 「使いたくないからやめたんだ」

 それはこっちのセリフだ。日本語が分かる人なら、誰もこのマスクを使いたいとは思わないだろう。

 幸い、英文も併記されていた。読むと「WASHABLE」(洗える)とある。これを「トイレも使える」と誤訳したようだ。「使いたくないからやめたんだ」は何をどう間違えたのか理解できなかった。

 ただ、どこにも「メード・イン・ジャパン」とは書いていない。社名もない。使用された漢字には、中国本土で使われる簡体字が混じっているので「中国製」かもしれない。香港などでは今なお「日本製」に対する信頼度が高いため、無理をしてでも日本風の商品を作ろうとしたのだろうか。

 あくまでも日本語訳がでたらめなだけで、マスク自体の効能には問題がないことを祈るほかない。

□ □

 上水はもともと薬局が多い。だから新型肺炎の感染拡大とともに、香港の人々がマスクを求めて集まってきたようだ。とはいっても、中国人の“爆買い”が横行していたときと比べると、「客は7割減」(薬局店員)という店もある。

 休業に追い込まれた店のシャッターには、若者たちが書いたのだろう、「水貨客を追い出せ」「香港独立」などの文字が殴り書きされていた。

 路上で雑貨を売っていた女性(68)はあきらめ顔だ。

 「中国人がいなくなって、もうけは半減。このままではご飯が食べられなくなるよ。あんた、マスク余ってないかい?」

 一方、公園で携帯ゲームをしていた若い女性(22)は笑っていう。

 「子供のころの風景に戻ったような感じです」

 水貨客がいなくなって静かになった。通りにあふれていたゴミも減った。

 --でも、中国人の“爆買い”がなくなったら上水の街は“シャッター通り”になってしまうのでは?

 将来、観光業の仕事に就きたいという専門学校生の彼女は答える。

 「上水が変わるチャンスじゃないかな。中国人相手の薬局ではなく、香港住民の生活を豊かにするようなお店が増えてほしい」

 そう言って、再び中国製のゲームに没頭し始めた。

 今、上水には120店ほどの薬局、化粧品店があるという。売り上げは減っても、テナント料は高止まりしたままなので、商工会は「6割の店が営業を続けられなくなるかもしれない」と懸念を強める。

 何やら、香港の縮図のような上水。これからが正念場なのだ。

=副編集長

この記事を共有する

おすすめ情報