PR

【原坂一郎の子育て相談】早寝早起きができない娘

PR

 幼稚園年長の娘と0歳8カ月の息子の母です。娘が早寝早起きができず困っています。疲れ知らずで昼寝もせず、夜まで元気です。布団に入っても寝られず、寝るのが午後11時前になることも。朝に弱く、早く寝た日でもなかなか起きず、いつもギリギリまで寝て幼稚園バスに間に合うように行っています。園は大好きで、休みたくないと言います。4月から小学生になるので遅刻が心配です。娘のことを認め、本当は笑顔で過ごしたいのですが毎日同じことで怒っている自分もいやになってきます。

 毎日元気はつらつなのはいいけれど、朝に弱いのが玉にキズ、というわけですね。日中それだけ元気ならば、体が睡眠時間を欲します。早く寝た日でも起きられないのも、そのせいでしょう。

 毎日怒りながら子供を起こすのは、どの家庭でもあることですので、気にする必要はないと思います。なんだかんだ言いながらいつも幼稚園バスに間に合っているのは素晴らしいことです。

 子供を起こすときの私の裏技をお教えしましょう。体を揺すらず、顔をなで回すのです。なぜかそれだけで目覚め、ウ~ン!と伸びをするようなしぐさをします。それを合図にすると、ずいぶん起こしやすくなります。

 でも、そんなことをしなくても学校に上がるとあっという間に起きるようになりますよ。遅刻するのを心配されていますが、あえて経験させましょう。学校は遅刻すると、ずいぶん気まずい思いをするので、「もっと寝たいけど遅刻はイヤ」となります。朝が苦手な子供は全国にいるのに、学校に行くと早起きするようになるのは、みんな遅刻がイヤだからです。

 なお睡眠は早寝早起きも大切ですが、何時間寝たか、も大切です。1年生は1日9時間が目安です。それより少なくなるときは、土曜か日曜に昼寝をし、睡眠時間を1週間トータルで考え、少しでも多く取ることをお勧めします。

(こどもコンサルタント)

原坂一郎23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演を行う。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士。

 子育てに関する悩みをお寄せください。原坂一郎先生が回答します。〈メール〉life@sankei.co.jp

この記事を共有する

おすすめ情報