PR

【CMウオッチャー】「焼き肉食べたいのに…」口内炎に悶絶、今田美桜さん

PR

第一三共ヘルスケアが提供する口内炎治療薬「トラフルダイレクトa」のCM
第一三共ヘルスケアが提供する口内炎治療薬「トラフルダイレクトa」のCM

 「しみて食事がとれない」「痛くてしゃべるのがおっくうだ」。誰もが苦い経験を持つだろう口内炎。その治療薬として知られる「トラフル」シリーズを販売する製薬大手の第一三共ヘルスケアのCMが好評だ。直接口の中にフィルムを貼る「トラフルダイレクトa」のCM「彼氏と焼肉デート」篇で、数多くの映画やドラマに出演し、若い世代を中心に大きな人気を誇る女優の今田美桜さん(22)を起用している。

 CMは、男女4人が焼肉店で食卓を囲むシーンで幕を開ける。普段よりも少し高級な焼き肉でダブルデートのはずなのに、こんな時に限って口内炎。「食べたいのに…。食べたいのに…」。おいしそうな焼肉を目の前に今田さんの切実な心の声が漏れる。

 痛みに耐えかねて、「口内炎が痛いぃ」と今田さんは両手を頬にあて、苦しさに悶絶(もんぜつ)。そこで、「トラフル貼ろう」とつぶやき、かばんからトラフルダイレクトaを取り出す。

 「効いた」。満面の笑みで、口内炎の痛みから解放された今田さんは、その効果に思わずジャンプ。CMの最後には後日、症状から解放され、中華料理店で友人と餃子に舌鼓を打つシーンも描かれる。

 「彼氏と焼肉デート」篇のほかにも、福岡出身の今田さんならでは、博多弁で同じストーリーを再現する「彼氏と焼肉デート(博多弁)」篇も福岡地域限定で放送されている。「食べたかとに…。食べたかとに…」など、博多弁を前面に出した仕立てになっている。

 第一三共ヘルスケアのホームページでは、「彼氏と焼肉デート(博多弁)」篇などのCMだけでなく、メイキング映像や今田さんのスペシャルインタビューが視聴できる。口内炎の経験談や女子会に行くときは何を食べるかなどの質問に答えている。

 ネット上では、「一緒に焼肉デートをしたい」といった男子の切実な声から、「トラフル効きました」というメッセージが寄せられている。会社で重要なプレゼンの日、恋人との記念日など、ここぞという日の口内炎にトラフルシリーズは救世主になるのかもしれない。(経済本部 八倉陽平)

この記事を共有する

おすすめ情報