PR

【アメリカを読む】「親より信用できる」サンダース支持者の熱狂

PR

2月1日、米中西部アイオワ州シーダーラピッズ市の集会で支持を訴えるサンダース上院議員(上塚真由撮影)
2月1日、米中西部アイオワ州シーダーラピッズ市の集会で支持を訴えるサンダース上院議員(上塚真由撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 11月3日の米大統領選に向けた民主党の指名候補選びが2月3日、中西部のアイオワ州党員集会で始まった。同州では、最年少候補の中西部インディアナ州のブティジェッジ前サウスベンド市長(38)と、急進左派のサンダース上院議員(78)がほぼ同率の首位となった。突出した候補がいない中、アイオワで目立ったのは、サンダース氏の強固な陣営組織だ。全米から集結したボランティアがくまなく戸別訪問を展開。最高齢候補、サンダース氏の指名争いのカギを握る熱狂的な支持者に話を聞いた。(アイオワ州シーダーラピッズ市 上塚真由)

 党員集会の直前の2月1日夜。州東部のシーダーラピッズ市でサンダース陣営によるロックコンサートのイベントが行われた。会場には、若者を中心に支持者ら数千人が詰めかけた。

 会場でひときわ大きな声を張り上げていたのは、隣のミネソタ州から来た英語教師のアフメド・ターベッドさん(43)だ。

 昨年6月から、サンダース氏陣営にボランティアとして参加し、アイオワ州などを転戦。集会に参加するのはこの日で14回目といい、すでに5000ドル(約55万円)以上を使ったという。

 「子供や孫世代のための投資と思っている。サンダース氏が当選するためならば、2万ドルを使っても惜しくない。彼はこれまでで最高の政治家だ」。ターベッドさんは、2月11日に予備選が行われるニューハンプシャー州にもボランティアとして参加する予定だ。

 エジプト移民の家庭に生まれ、2005年にミネソタ州の大学を卒業したが、学生ローンの5万ドルの返済はなかなか進まない。「学生ローンがなければ、マイホームを買えていたのに…」と話すターベットさんは、サンダース氏が掲げる学生ローン免除などすべての政策を支持している。「サンダース氏は、普通の人たちの暮らしを心配してくれている。自分の父親よりも信用できる存在だ」。興奮気味に語った。

 民主党指名争いで急進的な政策を掲げるのはサンダース氏だけでない。左派のウォーレン上院議員(70)も同様だ。両氏は「国民皆保険」や公立大学の授業料無償化、富裕税導入など似通った政策を打ち出しているが、なぜ、サンダース氏でなければ、だめなのか。

 ターベットさんは、ウォーレン氏を「うそつきだ。初の女性大統領という称号が欲しいのではないか」と言い切る。集会では、同様にサンダース氏は「左派の本物」、ウォーレン氏を「左派の偽物」と位置付ける人が少なくなかった。

 地元シーダーラピッズ市に住むデザイナーのルディ・デチャベさん(53)は、「国民皆保険について、彼女は大統領就任後、3年間かけて移行していく案を主張している。4年目になって再選を意識してようやく本腰を入れるのではないか。サンダース氏は妥協せずに、就任後すぐに実行するといっている。どちらが信用できるか明らかだ」と話した。

 現実路線の他候補と比べ、妥協しないサンダース氏に対し、民主党本部からの風当たりは強い。16年の大統領選民主党指名争いで同氏と争ったクリントン元国務長官は、米芸能誌に「サンダース氏のことは誰も好きでない」などと厳しく批判。指名争いの本命とされるバイデン前副大統領(77)も、サンダース氏が候補に指名された場合、同氏を支持するかどうかについて「今は決断しない」と後ろ向きな発言をしている。党に属さずアウトサイダーの立場のサンダース氏が、いかに浮いた存在であるかは明白だが、”嫌われ者”が躍進しているのは、前回選挙での共和党指名争いのトランプ大統領の環境と似ているともいえる。

 1日夜の集会で出会ったアンジー・ローテンさん(49)は、ニューメキシコ州から1人でアイオワ州でのサンダース氏の選挙運動に参加。民泊サービスを使いながら、党員集会の10日前にアイオワに入り、1日約50軒を戸別訪問で回ってサンダース氏への支持を訴えた。

 ローテンさんは前回選挙でもサンダース氏陣営に参加。「前回よりも組織がきちんと機能しているし、勢いを感じている」と話す。

 サンダース氏に対する思いを聞いてみると、「これは私の家族に直接かかわる問題」という。ローテンさんの夫はイラク戦争に従事し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症。自身の弟は4年前に、鎮痛作用のある医療用麻薬オピオイドの過剰摂取で死亡したという。家族がこうした状況になったのは、脆弱な医療保険制度のせいだと考えている。

 「米国の若者たちは医療保険欲しさに、米軍に入る人が多い。私の夫もそうだった。弟は、妻が重病になり医療保険のためにストレスの多い仕事を続けて、長年アルコールとオピオイドを摂取していた。『医療保険は特権ではなく、人権』。サンダース氏はこうした状況から抜け出すために戦っている」

 ローテンさんがいま、怒りを感じているのは民主党本部だ。第3戦のネバダ党員集会(22日)を前に行われる2月19日の同州討論会では、参加条件から個人献金が外された。これで自己資産で選挙資金を補う大富豪のブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)が参加可能となる。

 「民主党はなぜ条件を変更したのか。勢いのあるサンダース氏を当選させたくないからだ。多くの人は、政治の裏側にある、腐敗したエリート組織の存在に気づいている。でも、サンダース氏の運動は、普通の人たちによるものだ。彼らにも決して止めることはできない」。ローテンさんはこうまくし立てた。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報