PR

「地方の声優志望者に道を」 しずかちゃん役声優・野村道子さんの提言

PR

「SPOT」の発起人となった声優の野村道子さん
「SPOT」の発起人となった声優の野村道子さん

 「地方在住の方が、もっと気軽に声優に挑戦できる仕組みを作りたいんです」。こう語るのは、「ドラえもん」のしずかちゃん役、「サザエさん」のワカメちゃん役を四半世紀以上務めた声優の野村道子さん(81)だ。遠方に住む志望者の場合、交通費などの負担が大きく、夢をあきらめる人も少なくないという。この現状を受け、声優業界の有志が、スマートフォンなどでプロの個人指導を受けられる新サービス「SPOT(スポット)」を設立。次世代のスターを発掘するシステム構築を目指す。  (文化部 本間英士)

重い「お金の事情」

 「(アフレコなど)声優の仕事は東京に集中しています。でも、地方在住の志望者で東京に出てこられる人は多くない。子供に出ていかれると親が困るので、泣く泣く断念する…というケースは今でもあります。声優という夢にもっとシンプルに挑戦できる仕組みがほしいと思っていました」

 「SPOT」の発起人となった野村さんはこう語る。2月7日から1期生(先着100人)を募集。3月25日の開講を目指す。

 野村さんは昭和59年、夫で声優の内海賢二さんと声優事務所「賢プロダクション」を設立。養成所の校長も務めるなど、次世代の育成にも力を注いできた。

 声優志望者の多くは声優学校や養成所に通って基礎を学び、オーディションを受けて声優プロダクションに所属する。だが、その多くが大都市圏、とりわけ東京に集中。受講には多額の交通費や滞在費がかかる。野村さんは、地方出身の志望者が「お金の事情」で夢を断念したケースを多く見てきたという。

 「多くの方が深夜バスで通っていました。九州から毎週通ってきた人の中には、5日間のアルバイト代が飛行機代で全部消えてしまった人もいて、地元で学べる場があればいいなと考えていたのです」

 この“地域格差”をクリアするための一つの試みが「SPOT」だという。

受講40回で8万円

 サービスの内容は、プロの声優がオンライン上で個人指導を行う-というもの。スマホやパソコンで受講するため、インターネット環境があればどこでもレッスンを受けられる。発声や活舌の改善から、アニメ映像を使ったアテレコなど40講座を想定。全ての授業で現役声優からマンツーマン指導を受けられるのは業界初だという。受講内容は1回15分。料金は40回で8万円(税抜、教材費1万円など別途)を想定する。

 これまで「独立独歩」で歩んできた声優プロダクションが協力することも特徴だ。参加するのは、アクロスエンタテインメント▽賢プロダクション▽ステイラック▽ムーブマン▽-の4社。1年に1度オーディションを行うなど、新たな「スカウティングの場」を目指す。

 地方出身者が声優を目指す際の課題である「標準語」の習得も狙いだ。ムーブマンの羽佐間圭介社長=日本声優事業社協議会理事長=は「地方出身の方の場合、自分のなまりに気づかず生活するので、養成所に入って初めて(なまりを)自覚するケースが多い。直すのには平均1~2年かかります」と指摘。「有効なのは、とにかく早めに取り組むこと。活舌と発声、方言の3点をあらかじめ(地方在住時に)解決すれば、確実なアドバンテージになります」と語る。

 このアドバンテージが非常に重要なのだという。

声優業界は“狭き門”

 世界的なアニメ人気に伴い、志望者を増やす声優業界。競争は厳しく、羽佐間さんは「声優業界は“狭き門”になっています」と語る。

 現在、声優の数は約7200人とされる。昨年6月時点でのテレビアニメ製作数は87本。出演した声優はのべ1142人だが、実際に出ているのは主な役柄の687人に留まる。ナレーションや洋画の吹き替えなどを含めても、声優業だけで生計を立てられるのは人気声優に限られるのが実情だ。

 だからこそ、業界の今後を担える「新たな才能」の発掘を求めているという。

 「歌にダンス、ミュージカル…。声優のやることは増えているし、(歌手や俳優との)垣根もなくなってきている。声優になるためには、チャンスは多ければ多いほうがいい。『SPOT』のオーディションなどを通じて、逸材が出ればうれしいですね」

 野村さんはこう期待を寄せる。

 ただ、募集するのは「何がなんでも声優になりたい」という人だけではない。「何となく興味がある」程度でもいいという。

 「声優になる、ならないに関わらず、興味があれば試してみてください。まず試してみて、『自分には厳しい』と感じたら別の道に行けばいいのですから。最近は小学生の頃から『声優になりたい』という子もいます。(朗読など)学校の授業でも役に立つかもしれません。個人的には主婦やシニアの方も含め、年齢を問わず参加できるプログラムだといいなと思います」

「しずか」「ワカメ」に感謝

 声優業界のレジェンドの一人である野村さん。「のび太さん」と優しく語り掛ける、しずかちゃんの声を思い出せる人は多いだろう。ワカメちゃんの声も約30年にわたり務めてきた。

 「この2つの役は私にとって本当に大きいですね。実は、36年前に夫(内海賢二さん)と事務所を始めたとき、声優を辞めようと思ったんです。この2つのレギュラーが終わったら引退だ…と思っていたら、実際は全然終わらなかった(笑) 今こうして私が仕事ができるのも、この“2人”のおかげだと思います」

 「ドラえもん」の収録については、「最初はかわいく(声を)作らなきゃ、と思いましたが、二十何年もやっていると、絵も台本も私の方に寄せてくださる。やりやすかったし、夫からは『地でやっているんじゃない?』といわれました」

 デビューから約60年。声優人生について振り返ってもらった。

 「楽しかったなあ。毎日変化があって楽しかったですし、役もいい役をいただいてラッキーでした。日の当たるところを歩いてこられた幸せを、すごく感じています」

のむら・みちこ 昭和13年、神奈川県出身。フジテレビの朝番組開局に伴い、初代お天気お姉さんを担当。声優として、「サザエさん」(磯野ワカメ役、平成17年まで)、「ドラえもん」(源静香役、同)を長年務めた。他の代表作に「マッハGoGoGo」(ミッチィ役)、「みつばちマーヤの冒険」(マーヤ役)など。平成28年、声優アワード功労賞。

「SPOT」のURL

https://spot-pj.com/

 2月29日にYouTubeライブで「オープンキャンパス」を予定。人気声優の浪川大輔さんが特別講師を務める。

この記事を共有する

おすすめ情報