PR

【御朱印巡り】由緒正しく 真田家も崇敬 長野県上田市・山家神社

PR

御朱印には「延喜式内」と記され、由緒ある神社だと教えてくれる。真田家ゆかりの六文銭と「信州真田」の朱印は、押森慎宮司が就任した平成18年から押印している(松本浩史撮影)
御朱印には「延喜式内」と記され、由緒ある神社だと教えてくれる。真田家ゆかりの六文銭と「信州真田」の朱印は、押森慎宮司が就任した平成18年から押印している(松本浩史撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 正確な創立年は不詳ながらも、平安時代、醍醐天皇の御代(みよ)に当たる延長5(927)年に編纂(へんさん)された延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)には、旧山家郷(やまがごう)(現在の長野県上田市の旧真田町周辺)の地方官に当たる国司から、お神酒などの幣帛(へいはく)を受けた国弊小社としての記載がある。たいそう由緒ある神社なのである。

 祭られた主祭神は3神で、「国造り」「国譲り」の神話に登場する大国主神(おおくにぬしのかみ)をはじめ、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)の妻で、「国生み」「神生み」の女神として知られる伊邪那美神(いざなみのかみ)、この2神が死者の世界である黄泉国(よみのくに)で口論になったとき、仲裁に入ったとされる菊理媛神(くくりひめのかみ)。

 社伝によれば、もともとは旧山家郷の産土神(うぶすながみ)として大国主神だけが祭られていた。この地は、近くの四阿山(あずまやさん)にたっぷりと含まれた雨水などが市内を流れる神川(かんがわ)に注がれ、流域に住む人々の生活を潤し、食物に恵みをもたらした。押森慎(まこと)宮司は「水から命が生まれ、水がすべてのものを結びつける」と話す。

 ほかの2神は、奈良時代の養老2(718)年、山に籠って修行をしていた修験者の浄定(きよさだ)が、石川県白山(はくさん)市の白山比●(=口へんに羊)(しらやまひめ)神社を信仰していて、本殿の北東に位置する四阿山の山頂に建てた奥宮に、そこの主祭神だった2神を勧請したという。

 押森宮司のお話だと、今でも毎年6月と10月には四阿山の開山式と閉山式が開かれていて、「開山式では神様を山にお送りし、閉山式で本殿にお迎えする」という。

 ちなみに、養老2年のころは、仏教が伝来して2世紀近くたっており、神仏習合が全国で進んでいた。白山比●(=口へんに羊)神社は、主要な山岳信仰である白山信仰の修行拠点で、山家神社の周辺も中世に入ると盛んになった。このため、主祭神は「白山(はくさん)大権現」とも称され、境内には、神宮寺の「白山寺」が建てられていたそうだ。

 旧山家郷には、大坂夏の陣・冬の陣で徳川家康を苦しめた真田幸村の故郷となる旧真田郷が含まれる。神社に対する真田家の崇敬はあつく、奥宮や本殿の改修を施したり、寄進することもしばしばだったと伝わる。(松本浩史)

【山家神社】 長野県上田市真田町長4473。電話は0268・72・5700。初穂料は300円。上信越自動車道上田菅平インターチェンジ(IC)から車で約15分、上田駅から同約30分。お守りは厄除けや安産祈願などがある。特に、神仏習合のころの由縁を名称にした「白山大権現守」には「あらゆる御利益がある」と(押森慎宮司)される。

この記事を共有する

おすすめ情報