PR

【一聞百見】FM802看板DJ電撃引退のワケ ヒロ寺平さん激白「これからの夢」

PR

関西ラジオ界で一時代を築いたヒロ寺平さん。学生時代には「本気でプロを目指していました」と話す =大阪市西区(鳥越瑞絵撮影)
関西ラジオ界で一時代を築いたヒロ寺平さん。学生時代には「本気でプロを目指していました」と話す =大阪市西区(鳥越瑞絵撮影)
その他の写真を見る(1/7枚)

 日常生活の中心がFMラジオという記者にとって、昨年、大きな衝撃を受けた出来事といえば、在阪大手FM802(大阪市)などで看板DJとして大活躍したヒロ寺平さん(68)が9月末で引退したことだった。FMから流れる洋楽が若者文化を牽引(けんいん)した平成の時代。流暢(りゅうちょう)な英語で彼が紹介した楽曲の数々が今も心に深く刻まれている関西人は多いはずだ。一時代の象徴だったヒロさんと、どうしてもラジオの話がしたかった。引退から約3カ月後の昨年暮れ、仕事場を訪ねた。(聞き手 編集委員・岡田敏一)

■実家は楽器店 音楽あふれる日々

 実はヒロさんと話すのは約33年ぶり2回目。前回はヒロさんがDJを務めていたラジオ関西(神戸市)の番組「缶・かん・ポップスフリーク」の電話参加クイズに当選したときだ。記者は“洋楽バカ”の大学生だった。

     ◇

ヒロさん「岡田さ~ん。では曲当てクイズ、頑張ってくださ~い」

岡田「が、頑張ります…」

 そして、ある洋楽のイントロが流れた。昭和61年当時、全米でも大ヒット中で、日本のラジオでもひんぱんに流れていたのですぐ分かった。

岡田「(米歌手)ロビー・ネビルの「セ・ラ・ヴィ」です!」

ヒロさん「岡田さん、正解です! おめでとうございま~す。賞金は何に使いますか?」

岡田「もちろんLP(レコード)を買います!」

ヒロさん「岡田さんは、どんなジャンルの音楽がお好きですか?」

岡田「プログレ(=暗い曲調で知られる英国のプログレッシブ・ロックの略)です」

ヒロさん「岡田さん、友だちいませんね~」

     ◇

 「俺、言いそうやわ、それ」と爆笑するヒロさん。いまだに忘れられないやり取りから、インタビューがスタートした。

 大阪・千日前で生まれたヒロさん。「生家はレコードも売る楽器店。おまけに隣はパチンコ屋で、幼少期から、流行歌から洋楽、軍艦マーチに至るまで、日常に音楽があふれる日々を過ごしました」。そんななか、中学時代にラジオから流れてきたベンチャーズやビートルズの音楽と出会い、ロック音楽に目覚めた。ギターを手にしたのもこの頃だ。

大学時代に組んでいた3人組ハードロックバンド「MOSS(モス)」。ヒロ寺平さん(中央)はドラム兼ボーカルとして活躍した(本人提供)
大学時代に組んでいた3人組ハードロックバンド「MOSS(モス)」。ヒロ寺平さん(中央)はドラム兼ボーカルとして活躍した(本人提供)
その他の写真を見る(2/7枚)

 その後、進学校で有名な大阪府立高津高校に進むが、勉強よりバンド活動に熱中。「MBS(毎日放送)の人気ラジオ番組『ヤングタウン』の公開録音で、素人バンドが出演するコーナーがあり、何度か主演した」ほどのギターの腕前だった。ところが「バンド活動に熱中し過ぎて成績は全学年約500人中、480番あたりをウロウロ」。それでも関西学院大学の商学部に進み、「関西大学の連中と3人組のハードロックバンドを組み、歌とドラムを担当しました。英バンド、クリームのドラマー、ジンジャー・ベイカーに憧れ、本気でプロを目指していました」。ライブもひんぱんに行った。多くの人の前で自分を表現したかった。その思いが後の人気DJ、ヒロ寺平の誕生につながっていく。

本格的な英語を学ぶためカナダの楽器店に「最低賃金でいいから」と直訴、働くことになったというヒロ寺平さん =大阪市西区(鳥越瑞絵撮影)
本格的な英語を学ぶためカナダの楽器店に「最低賃金でいいから」と直訴、働くことになったというヒロ寺平さん =大阪市西区(鳥越瑞絵撮影)
その他の写真を見る(3/7枚)

■バンド、ギター製造…夢破れ

 自分たちのバンド「MOSS(モス)」での活動に明け暮れた大学時代。「ただただ、大勢の人に注目されたい、有名になりたいという気持ちだけでしたね」と振り返るヒロ寺平さんだが、その“原体験”は私立帝塚山学院小学校(大阪市)時代にさかのぼる。

 「ある日突然、学校に大手広告代理店、電通の人がやってきて、休み時間、僕を含めた3人をベランダで写真に収めたんです。何が起きているのかさっぱり分かりませんでした…」。これが実はオーディションだった。「結果、トリスコンクジュースのマスコット坊やに選ばれたんです」。寿屋だった頃のサントリーの商品。ヒロさんは小学3年から5年までの2年間、マスコット坊やとしてポスターや新聞、電車内のつり広告などに登場した。「大阪市内の電通のスタジオで撮影がありました。当時ほとんど目にしなかったポラロイドカメラなどを目にし、まさにスター気分。あの体験以降、間違いなく『有名になりたい、注目されたい』と願うようになりました」と振り返る。

 そんな“原体験”をバンド活動に昇華させたヒロさんだったが、大学4年生の秋に転機が訪れる。「当時、プロになるための登竜門といわれた桃山学院大学(大阪市)でのオールナイトコンサートに出場したんです。約千人の聴衆を前に演奏しましたが、ヤマハの全国グランプリレベルのジャズのビッグバンドや、あの上田正樹さんのバンドとの差は歴然。音楽で食べていくのは無理だと悟りました」

 それから慌てて就職活動に入るも、時既に遅し。あの原体験の憧れの電通には「鼻で笑われました」。結局、父が長野県で設立したギターメーカー、ヤマキ楽器に就職する。当時、この会社は名古屋の貿易商社を介して海外にギターを売っていた。そこで父に提案した。「新たに貿易部を作り、直に海外にギターを売るのはどうか。名古屋の貿易商社を介さずに済むから、その分、安く売れる」。この提案を父が快諾。するとヒロさんは、海外との円滑なビジネスのためには本格的な英語力が必要との理由から「カナダのバンクーバーの楽器卸メーカーに『働かせてほしい。最低賃金でいいから』」と直訴し、働くことに。入社から約1年後、1975(昭和50)年5月のことだった。

ヒロ寺平さんが2年間働いたカナダ・バンクーバーの楽器メーカーで。右は社長(本人提供)
ヒロ寺平さんが2年間働いたカナダ・バンクーバーの楽器メーカーで。右は社長(本人提供)
その他の写真を見る(4/7枚)

 「月給は400ドル、当時のレートで約12万円。オンボロアパートに住み、昼はリペアマン(修理職人)、夜は市民大学で英語の特訓を受ける」日々を77年5月まで続け、帰国。独自性で勝負しようと、別ブランド「ダイオンギター」のデザインを手がけるなどした。しかし、80年代に入ると若者の注目はギターからテニスラケットに代わり、飛ぶように売れたギターはぱたりと売れなくなった。「80年代の半ば頃、ダイオンは倒産。79(昭和54)年に結婚したので、妻と長男、次男を抱え、路頭に迷いました」。

 しかし、ここから逆転人生が始まるのだった…。

テレビ東京の電話リクエスト番組(生放送)で、タレントのマリアンさん(左)と。米女性歌手グロリア・エステファンや英ポップデュオ、ペット・ショップ・ボーイズら大物アーティストがゲスト出演した =昭和61(1986)年(本人提供)
テレビ東京の電話リクエスト番組(生放送)で、タレントのマリアンさん(左)と。米女性歌手グロリア・エステファンや英ポップデュオ、ペット・ショップ・ボーイズら大物アーティストがゲスト出演した =昭和61(1986)年(本人提供)
その他の写真を見る(5/7枚)

■ラジオへの問題提起になれば

 家族を抱え、無職となったヒロ寺平さんだが、本場仕込みの英語力を武器に昭和59年、大阪・ミナミのアメリカ村近くのマンションの一室で英会話学校を始め、軌道に乗せる。ところが生徒の多くはOLで、教えるのは会社が終わる夜。「暇(ひま)をもてあましていた昼の時間帯でDJをやろうと。音楽もラジオも大好きだし、バイリンガルブームも来ていたので、僕の英語力も強みになると考えたんです」。

 バイリンガルDJのはしりだった小林克也さん風のカッコいい英語と、ベタな大阪弁をまぜこぜでしゃべるユニークなデモテープを作成。在阪の放送局に配布するも、なしのつぶて…。「仕方がないので、早朝のFM大阪に勝手に侵入し、DJのジーン長尾さんと懇意になったんです」。その縁で60年7月、彼女の後任としてラジオ大阪の番組「ヒッツ・アンド・ポップス」でDJに。翌年にはデモテープが縁でNHK-FMの番組を担当。以降、FM大阪やラジオ関西などでも活躍を始め、FM802(大阪市)では平成元年6月の開局と同時に、看板DJに大抜擢(ばってき)…。

 しかし当初のオファーには面食らった。「『毎週、朝6時から夜7時までの13時間、生放送でしゃべってほしい』と。前代未聞ですよ」。そこで自分も前代未聞のオファーで応戦した。「DJだけでなく、制作全般も任せてくれるなら受けますよ」。向こうは驚きつつも交渉成立…。こうして業界の常識を打ち破る毎週金曜日、13時間の生放送「フライデー・アミュージック・アイランズ」で10年間、他の番組も含めると計約24年にわたりFM802で活躍。25年からは姉妹局、「FM COCOLO(ココロ)」でリスナーを和ませた。

開局直後のFМ802のスタジオで。“ヒロT”の愛称で、関西を代表する人気DJになった =平成元(1989)年(本人提供)
開局直後のFМ802のスタジオで。“ヒロT”の愛称で、関西を代表する人気DJになった =平成元(1989)年(本人提供)
その他の写真を見る(6/7枚)

 平成の時代、FM802は洋楽ロックとJ-POPで関西の若者文化を牽引(けんいん)。同局の「バンパー・ステッカー」を貼っていない車を探す方が難しかった。「家族と街を歩いていて、僕がしゃべるとみんな一斉に振り向きました(笑)」。しかし、インターネットの登場でFMも苦境に陥る。「1人で全てを背負い込み過ぎたし、今のラジオ業界のあり方に疑問を感じた」ことから、昨年のはじめ頃、引退を決意。6月に衝撃の発表となった。「僕の引退が日本全国のラジオに一石を投じることになれば」との思いもあるという。

 そんなわけで「昨年10月から名刺を持たない人になった」ヒロさん。今は毎日放送の人気テレビ番組「ちちんぷいぷい」に隔週出演する他は悠々自適の日々だが、「DJは天職。802時代、つらいと思ったことは一度もなかった」と笑う。「ラジオが消えることはありません。ネットと違って究極のヒューマンメディアですから。これほど人の体温が感じられるメディアは他にない。それにラジオ好きに絶対、悪い人はいませんから」。惜しまれながらDJを引退したヒロさんだが、人生100年時代、これからの夢も大きい。

「これからはユーチューブからの“発信”に腐心したい」というヒロ寺平さん =大阪市西区南堀江(鳥越瑞絵撮影)
「これからはユーチューブからの“発信”に腐心したい」というヒロ寺平さん =大阪市西区南堀江(鳥越瑞絵撮影)
その他の写真を見る(7/7枚)

 「紙やネットメディアを通じて、さまざまな事柄を発信したいと考えています。まず今年は、昔からの仲間である映像のプロの連中とともに、ユーチューブからの“発信”に腐心しようかなと。どこまで届くか、どれだけの人に伝わるか、楽しみです」

     ◇

【プロフィル】ヒロ寺平(ひろ・てらだいら) 昭和26年、大阪市中央区生まれ。関西学院大学商学部卒。カナダ留学を経て、楽器メーカー勤務や英会話学校の教師を経て60年からDJに。平成元年6月開局の「FM802」で看板DJとして活躍。25年からは「FM COCOLO」に移り、計約30年間、関西のラジオ業界を支えた。昨年9月末、自らの番組で引退を発表した。

この記事を共有する

おすすめ情報