PR

【一聞百見】東京五輪も…世の中のためスポーツ支援30年 ミキハウス社長、木村皓一さん(74)

PR

「頑張る選手を見て世の中の人々が夢や目標を持ってくれれば」と話す木村社長=大阪府八尾市のミキハウス本社(南雲都撮影)
「頑張る選手を見て世の中の人々が夢や目標を持ってくれれば」と話す木村社長=大阪府八尾市のミキハウス本社(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 東京五輪(来年7月24日・開会式)の開幕まで8カ月を切った。日本で行われる2度目の夏季五輪を特別な思いで待ち望んでいる企業経営者が大阪にいる。1992年バルセロナ五輪から所属選手を五輪に輩出し続けているミキハウス・木村皓一社長(74)だ。スポーツ選手の支援に乗り出して約30年。東京五輪にも、カヌーの羽根田卓也ら複数の選手の出場が決定している。そもそもなぜスポーツ選手の支援に乗り出したのか…。その思いや東京五輪への期待、将来のスポーツに対する国や企業の果たすべき役割について本音を聞いた-。(聞き手 特別記者・植村徹也)

■世の中に「光」もたらすため

 「僕は基本的に自分の生き方とその中身というのをいつも自分自身に問うわけですよ」。木村さんは笑顔でそう切り出した。昭和46年に三起産業を創業して以来、業績も必要だが同時に品格も必要というポリシーを通してきた。いい物を作って使ってくれたお客さんが喜んでくれる…という企業精神とともに大事にしてきたのが社会貢献だ。

 「まだ貧乏でお金もない頃に車いすバスケの応援などをしていました。20台を年1回、施設に贈っていたんです。誰が贈っているかわからんようにして。ある時、間に入っていた人が見るに見かねて“ミキハウスのロゴを車いすに入れます”と言うてきたので、そんなんやめてくれ、こっちは宣伝でやってるんと違うんやからと断りました」。車いすを贈られた親子が喜ぶ姿を見るだけで心は満ち足りた。そうした思いがスポーツ選手支援の背景にあるのだろう。

 まだ女子柔道が五輪の公開競技だった1988年ソウル五輪後から佐々木光と田辺陽子らをサポート。4年後のバルセロナ五輪では所属選手として出場した田辺が72キロ級で銀メダルを獲得。所属選手として初めてのメダルだった。「スポーツ選手を支援するのは宣伝効果があるとかじゃあないんです。だって女子柔道なんか、サポートし始めた頃は正式な競技でもなかった。卓球だってそうでしょう。まるで宣伝にはならんかったんやから」。

 言う通り、所属選手が活躍したからといって商品の売り上げが格段上がるわけではない。知名度が上がることと本業とは直接的な関わりは薄い。それでも支援を続ける理由は、夢をかなえようと頑張る選手を見て世の中の人々が夢や目標を持ってくれればいい…という思いからだ。

メダルが期待されるミキハウス所属選手の一人、カヌーの羽根田卓也。10月の大会で東京五輪代表を決めた =東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンター(納冨康撮影)
メダルが期待されるミキハウス所属選手の一人、カヌーの羽根田卓也。10月の大会で東京五輪代表を決めた =東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンター(納冨康撮影)
その他の写真を見る(2/5枚)

 しかし、スポーツ支援を始めて約30年が過ぎ、木村さんの思いとは裏腹の効果が本業に及んでいる。ミキハウスが創業した頃に比べ、日本の出生率は落ちた。「もう無茶苦茶や。3分の1やね。これはわれわれみたいな商売をしていると見通せました。だから事業は縮小するか、世界制覇に持っていくか…どっちかやった」。そこで、パリやニューヨークに進出し、上海万博にも出店した。一連の戦略の中で会社のロゴをつけたスポーツ選手が世界を舞台に活躍することは「世界の人たちが八尾の服店を知るツールになった」と話す。そして、今や所属選手の活躍は社員のモチベーションや就業意欲につながっている。

 東京五輪にはすでにカヌーの羽根田やレスリングの文田健一郎ら5選手の出場が内定。空手の清水希容(きよう)は1日、五輪代表入りを決めたばかりだ。出場した選手たちが夢舞台で躍動したら、世の中に明るい光をもたらすだろう。社会貢献の思いから始めた木村さんの志もその時、東京で大きな花を咲かせる。

「スポーツ界を裏で支える人にも名誉を」と話す木村さん =大阪府八尾市のミキハウス本社(南雲都撮影)
「スポーツ界を裏で支える人にも名誉を」と話す木村さん =大阪府八尾市のミキハウス本社(南雲都撮影)
その他の写真を見る(3/5枚)

■選手サポートは海を越え

 「よく選手に話すんですわ。本番では練習以上の結果は出ないからね…って」と木村さんはカラカラと笑った。そこには余計なプレッシャーを選手たちに与えたくないという親心が感じられる。

 来年開幕の東京五輪まで8カ月を切ったなかで、ミキハウススポーツクラブの選手たちも続々と五輪出場を内定させている。カヌー・スラローム男子カナディアンシングルの羽根田卓也、飛び込みの男子シンクロで寺内健、坂井丞(しょう)、レスリング・男子グレコローマン60キロ級の文田健一郎、空手の清水希容が代表選手に内定した。今後も柔道の男子66キロ級の丸山城志郎、体操の寺本明日香、競泳も小関也朱篤(やすひろ)、鈴木聡美らが続く可能性がある。さらに日本代表ではないが、リオ五輪では銀メダルを獲得した柔道の女子70キロ級のジュリ・アルベアール・オレフエラがコロンビア代表を目指している。

 「彼女はね、コロンビアの柔道のコーチとウチの柔道のコーチが筑波大で同級生やったんよ。それで頼まれてサポートしてんねんけどね。ひとりぐらいおってもええでしょう、他国の選手が」。ジュリに関しては木村さんも驚く“効果”が本業に及んだ。コロンビアで米国のテレビ取材を受けた様子が全米で放映されたのだ。ミキハウスの社名も全米に流されて思いも寄らない宣伝になった。最終的に東京五輪に出場する選手が何人になるのか流動的だが、所属選手を心を込めて五輪に送り出すため、来春には大阪市内で盛大な壮行会を開く予定だ。

 「リオ五輪は東京で壮行会をしましたけど、今度は大阪でやります。それから五輪後のメダル報告会は五輪が終わってしばらくたってから東京でやります。報告会では頑張った選手には大きな小切手を渡そうと思ってます。選手たちもそれを期待しているでしょ」。壮行会にはいつも政府関係者やそれぞれの競技団体の幹部が出席している。ひとつの企業だけで行う壮行会とは思えないほどの豪華な顔ぶれがそろう。それほど所属選手たちは日本全国から注目と期待を集めている。

カヌーの羽根田選手らミキハウス所属の選手たちが出場した五輪の記念品などが大切に飾られている
カヌーの羽根田選手らミキハウス所属の選手たちが出場した五輪の記念品などが大切に飾られている
その他の写真を見る(4/5枚)

 カヌーの羽根田のスポンサーになったのは、本人から木村さん宛てに届いた一通の手紙からだ。『父親の支援を受けて単身スロバキアで練習していたが、父の負担も大きく資金繰りが苦しくなった。どうか支援してほしい…』という内容が切々と書かれていた。「応援したろうやないか」という木村さんの意向で支援が始まった。それからの羽根田の活躍は目覚ましい。リオ五輪ではカヌー競技で日本人初の銅メダル。そして東京五輪でも有力なメダル候補だ。「練習以上の結果は出ないよ」と話すのは“だから練習をしっかりやりなさい”と諭しているともいえる。東京を舞台に選手それぞれが活躍することは日本の全ての人たちを幸せにする-。社会貢献という大きな目標をこれほど満たすチャンスはない…と木村さんは選手たちの背中を愛情を込めて見守っている。

「来春には大阪で壮行会を」と話す木村さん =大阪府八尾市のミキハウス本社(南雲都撮影)
「来春には大阪で壮行会を」と話す木村さん =大阪府八尾市のミキハウス本社(南雲都撮影)
その他の写真を見る(5/5枚)

■企業も純粋に選手応援しよう

 東京五輪はミキハウス所属で五輪に出場する選手たちにとっても大舞台となるが、五輪が終わっても日本のスポーツ界はエンドレスで未来に向かって進んでいく。スポーツ選手の支援を行う木村さんの取り組みも五輪閉幕で終わるわけではない。「スポーツ選手は大事ですよ。彼らには人間を元気にする力がある。例えば先日のラグビーのW杯日本開催を見てください。それまでラグビーの試合のテレビの視聴率なんて2%か3%でしょ。それが瞬間で50%を超えた試合もあった。それだけの発信力を持っているんです。スポーツは人を元気づける。精神を満たしてくれる。人間が生きていく上で(スポーツへの振興は今後も)力を入れていくべきや」。スポーツが持つ社会への効果を30年以上も前から見抜き、それを信じるからこそ木村さんは東京五輪の後もスポーツをこよなく愛し、選手たちをサポートし続けていく覚悟だ。そして、日本の他の企業も後に続いてくれることを願った。

 「すぐに結果を求めようとしたらアカンで。すぐに広告代に換算すれば…なんて考えたらアカンやん。ウチも羽根田のカヌーだってアジアではマイナースポーツやんか。卓球も女子柔道もそやんか…。女子柔道なんて“女の子が股を開いてなにやってんねん…”なんていわれた時期もあんねんから。純粋に応援してあげる企業がもっと出てきてほしいよね」

 さらに日本の政府がスポーツ界に対して取り組むべき姿勢について木村さんはこう続けた。「今の日本は高齢者で大変や。金がないんや。そやけどもっとスポーツに携わるコーチや先生らの功績をたたえることはできるやん。金は与えられなくても名誉は与えられるやん。表彰状の1枚なんて安いもんや。もっともっとスポーツ界を裏側で支える人たちに名誉を与えることを国はしてもええと思うなぁ」。国や企業のさまざまな支援を願う一方で、スポーツ界そのものにも未来に向けた“体質改善”を求める思いもある。今でこそ世界では中国に迫る勢いの卓球界も、かつて五輪ではメダルにはほど遠い弱小国だった。高校や大学を卒業して企業に入った有力選手たちが伸び悩んで世界の競争力についていけなかったのだ。

 福原愛や石川佳純、平野早矢香らを育てた木村さんは「当時は日本リーグがさまざまな制約を選手にかけて、世界に出ていく足かせとなっていた。日本の中で一番になればいい…という考えやね。私は自分とこで卓球部を作ったとき、そういう制約を全部取り除いた。そやから日本リーグに加盟せんかったんや」と話す。世界の強豪と自由に試合や練習を積んだ結果が今日の隆盛に結びついたことは明らかだ。協会やリーグファーストではなく、選手ファーストの考え方の浸透を日本のスポーツ界に求めている。

 木村さんは自身の著書で「あの会社がなくなったら困る、という会社でいたい」と書いている。社会を明るく、人を元気に…と取り組む姿勢のこれが原点なのだろう。

     ◇

【プロフィル】木村皓一(きむら・こういち) 昭和20年2月23日、滋賀県彦根市生まれ。46年に三起産業を創業。7年後の53年に三起商行(株)を設立。世界に通用する高級ベビー・子供服のブランドを作り上げた。現在はフランス、北米、イタリアなど国内外に380店舗を擁する。スポーツ支援でも名高いカリスマ社長。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報