PR

【一聞百見】伝説のツアマネが語る/ロックスターと駆けた半世紀/ウドー音楽事務所代表取締役 高橋辰雄さん(66)

PR

米ロックバンド「キッス」のジーン・シモンズと。右が高橋さん=昭和52(1977)年(高橋さん提供)
米ロックバンド「キッス」のジーン・シモンズと。右が高橋さん=昭和52(1977)年(高橋さん提供)
その他の写真を見る(1/5枚)

 伝説の英バンド、クイーンの雄姿を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒット。青春時代を思い出し、胸を熱くした人も多いだろう。そんな世界的スターを、早くから日本に招聘(しょうへい)してきた伝説のツアーマネジャーがいる。老舗音楽プロモーター「ウドー音楽事務所」(東京都)の代表取締役、高橋辰雄さん(66)。スターとともに駆け抜けた半世紀を聞いた。(聞き手 岡田敏一)

 ■始まりはツェッペリン

 3月、東京の有楽町マルイにロックファンが大勢詰めかけて話題になった。平成29(2017)年に創立50周年を迎えたウドー音楽事務所が、記念の展覧会「海外アーティスト招聘の軌跡」を開催。エリック・クラプトンやジェフ・ベックが使ったエレキギターなど、約200点を展示、ファンは往時を懐かしんだ。

 そんな世界的なスターの公演が日本で気軽に楽しめるようになったのは同社のおかげだ。その招聘業務の現場を仕切る中心人物が高橋さん。多くのロックスターから「タック」の愛称で呼ばれ、彼らが全幅の信頼を置く伝説のツアーマネジャーだ。

 人生を変えたのは一つのライブ。昭和47(1972)年10月、同社が招いたレッド・ツェッペリンの2度目の来日公演で「たまたま日本武道館で警備員のアルバイトをしていて洋楽ロックのライブのすごさに感動したんです」。その迫力に衝撃を受け「この体験を多くの人々に届けたい」と思うようになった。

イギリスのロックスター、フィル・コリンズと写真に納まる高橋さん(高橋さん提供)
イギリスのロックスター、フィル・コリンズと写真に納まる高橋さん(高橋さん提供)
その他の写真を見る(2/5枚)

 「早速、昭和50年から正社員としてツアーマネジャーを始めました。当時はまだそんな職種はなかったのですが…」。仕事に将来性を見いだしたが、24時間態勢でスターの“わがまま”に付き合うという大変な側面も。その話はロックスターの成功物語よりもすごかった…。

 ■相手優先クラプトンに感銘

 「スターは大体『ミー・ファースト(自分優先)』。ところが彼は『ユー・ファースト(相手優先)』。お茶の飲み方や箸(はし)の持ち方を学ぼうとするなど、相手の国の文化やマナーを尊重しました。謙虚で日本人的な奥ゆかしさもある。本当に尊敬できる人物です」。彼というのは、ギターの神様と呼ばれたエリック・クラプトン。そのライブに関わり、仕事への取り組み方が変わったという。

「信頼関係が大事」と話すウドー音楽事務所代表取締役の高橋辰雄さん(宮川浩和撮影)
「信頼関係が大事」と話すウドー音楽事務所代表取締役の高橋辰雄さん(宮川浩和撮影)
その他の写真を見る(3/5枚)

 昭和50年、クラプトンが2度目の来日。東京・日本武道館での公演は、代表曲「いとしのレイラ」で始まり、薬物中毒から復活して火を噴くようなギター演奏と溌剌(はつらつ)とした歌声を披露、聴衆が熱狂した。ステージを降りた彼と行動をともにするなかで、人柄に感銘。揺るぎない人生訓を見いだす。「ユー・ファースト」だ。当時日本は経済大国となり、欧米のロックスターの来日公演は急増。高橋さんは「全ての経験が新鮮で毎日がドラマのように驚きの連続だった」と振り返る。

 例えば、歌舞伎のくま取りのような化粧と演劇的なステージでロックコンサートのあり方を変えたキッス。昭和52年の初来日公演では「日本のメディアがメンバーの素顔を撮影した場合、多額の違約金を支払わねばならないんです。そこで、化粧をしたまま飛行機を降り、別室で化粧を落として入国審査を受け、再び化粧をして空港からホテルに向かいました」。

 その後も「ホテルの部屋を昼間も真っ暗にしろ」というプリンスや「京都で舞妓(まいこ)さんと遊びたい」と言い出したジェネシス(フィル・コリンズ率いるバンド)の注文にも応じた。米メタルバンド、モトリー・クルーのベース奏者が新幹線車内でウイスキーの瓶を投げ大暴れした際は一緒に警察のお世話に…。

リッチー・ブラックモアと高橋さん(高橋さん提供)
リッチー・ブラックモアと高橋さん(高橋さん提供)
その他の写真を見る(4/5枚)

 最も記憶に残るのは、昭和55年、バンド「ウイングス」で来日した元ビートルズのポール・マッカートニーが、大麻の不法所持で逮捕され、日本の留置場で9日間過ごし、全公演が中止になったことだ。

 「実は大麻は同行していたポールの当時の妻、リンダの鞄(かばん)から出てきた。しかしポールは妻を庇(かば)い『私のものです』と答え、逮捕された。リンダはホテルで『私のせいでこんなことになった』と号泣していました」。大スターの素顔を垣間見た瞬間だった。

 ■友情から生まれた夢舞台

 最近はインターネットの普及で海外とのビジネスが激変しているが、高橋さんは過信しない。「電子メールでのやり取りは単なる結果報告になりがち。意見のキャッチボールやビジネス上の駆け引きはできないですからね」。実際、夢のようなステージが実現したことも。平成3(1991)年エリック・クラプトンと元ビートルズのジョージ・ハリスンによるジョイント公演だ。

ウドー音楽事務所代表取締役の高橋辰雄さん。40年以上ロックスターのライブの最前線で活躍している(宮川浩和撮影)
ウドー音楽事務所代表取締役の高橋辰雄さん。40年以上ロックスターのライブの最前線で活躍している(宮川浩和撮影)
その他の写真を見る(5/5枚)

 ビートルズ解散後、ジョージはのどの不調を押して初めて行った全米ツアーが酷評され意気消沈。以降、ツアーをしなくなっていた。「クラプトンは、ステージから遠ざかっている旧友のジョージが『寂しがっているんじゃないかな』と慮(おもんぱか)り、一緒にライブをしようと。その際『治安も対応も良く、ウドー(音楽事務所)でタック(高橋さん)が仕切る日本なら大丈夫』と話が進んだんです」。ジョージにとって17年ぶりの晴れ舞台。ところが公演が行われたのはなんと日本だけだった。世界中の音楽プロモーターが羨(うらや)んだ。

 千秋楽の翌日。ジョージはホテルの部屋で高橋さんに謝辞を述べ、小さなメッセージブックを手渡した。そこには金色の文字で「タックへ。あなたの助けと友情に感謝します」と書かれていた。今も大切な宝物だ。クラプトンとは今も友情を深めている。

 「若い世代が洋楽を聞かなくなって寂しいが、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットで、クイーンのような王道の洋楽が若者の間で注目されているのがうれしいですね」。レッド・ツェッペリンのライブに感動してから40年あまり。洋楽ロックへの熱い思いは変わらない。

     ◇

 【プロフィル】高橋辰雄(たかはし・たつお) 昭和27(1952)年群馬県生まれ。昭和50年ウドー音楽事務所(東京都港区、https://udo.jp/ )入社。平成27(2015)年代表取締役に就任、今も現場を仕切る現役マネジャーとして活躍中。

     ◇◇

【岡田敏一のロック講座】80年代のハード・ロックとヘヴィ・メタルブーム

 マイケル・ジャクソンやマドンナ、プリンスといった数々の大スターが生まれ、ロック音楽が世界の若者文化の中心に躍り出た1980年代、全世界で空前のブームを巻き起こしたハード・ロックやヘヴィ・メタル。

 全世界で米のガンズ・アンド・ローゼズの「アペタイト・フォー・ディストラクション」(87年)が3000万枚、米のボン・ジョヴィのアルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」(86年)が2800万枚と、多くのハード・ロックやヘヴィ・メタルのバンドが怪物級のヒットを記録。世界中の若者のファッションやライフスタイルにも大きな影響を与えました。

 そんな80年代のハード・ロックやヘヴィ・メタルのブームを支えた代表的なバンドの逸話や、当時の欧米の音楽業界の裏側について、音楽誌「レコード・コレクターズ」( http://musicmagazine.jp/rc/ )の常連執筆者で、かつてロサンゼルス支局長としてガンズやモトリー・クルーといった「LAメタル」を生み出した米ロサンゼルスで米の映画・音楽産業を取材した産経新聞文化部の岡田敏一編集委員が解説します。

 ■時と場所 6月29日(土)午後2時~3時半、サンケイカンファレンス大阪梅田桜橋(大阪市北区)

 ■参加費 2800円

 問い合わせ・応募はウェーブ産経事務局((電)06・6633・9087)。受け付けは平日の午前10時~午後5時。

 産経iDのサイト( https://id.sankei.jp )からも、お申し込みできます(産経iDは登録が必要です。入会金・年会費は無料)。

     ◇

 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家、産経ニュース( https://www.sankei.com/ )で【エンタメよもやま話】など連載中。京都市在住。

この記事を共有する

おすすめ情報