PR

裏目に出た暴行事件の記者会見 NGT48、現在スケジュールは“白紙”

PR

暴行被害を公表後、NGT48劇場の3周年公演でファンの前に初めて姿を見せた山口真帆さん=1月、新潟市中央区(AKS提供)
暴行被害を公表後、NGT48劇場の3周年公演でファンの前に初めて姿を見せた山口真帆さん=1月、新潟市中央区(AKS提供)
その他の写真を見る(1/6枚)

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」メンバーの山口真帆さん(23)が暴行被害に遭った事件で、運営会社「AKS」(東京都)が3月に開いた記者会見は完全に裏目に出たようだ。山口さんがツイッターで運営側に反論したことで、事態は悪化。NGT48の公式サイトでは、4月8日以降のスケジュールは事実上の“白紙状態”になっている。単独公演はもちろん、テレビやラジオのレギュラー番組は姿を消し、メンバーの誕生日ばかりが目立つ。産経新聞社の取材に対し、AKSは沈黙を続けている。

PR動画は削除、ポスター1200枚がムダに?

 「いまのままでは事態は収束したとは思えない」。花角英世新潟県知事は3月27日に開いた定例会見で、NGT48をめぐる状況をこう表現した。今秋に新潟県内で開催される「国民文化祭」と「全国障害者芸術・文化祭」のスペシャルサポーターをしていたNGT48との広告出演契約について、平成31年度の更新を保留することを明らかにした。

 3月末には契約が終了し、文化祭の公式サイトからPR動画は削除された。6000枚つくられたポスターの約2割にあたる1200枚は張り出されずに“お蔵入り”となった。契約が更新されれば、復活する可能性はゼロではないが、県関係者は「現実的な話かどうかは別問題」と肩を落とす。

加熱する運営批判

 暴行事件を受け、AKSは2月1日、原因を究明するための第三者委員会を設置。3月22日には、松村匠取締役や早川麻衣子劇場支配人ら3人が新潟市内で調査報告書を説明する記者会見を開いた。報告書は、メンバーが事件に関与していなかったことや、複数のメンバーが一部のファンと私的な「つながり」を持っていたことなどを認定したが、インターネット中継を視聴していたとみられる山口さんが会見中にツイッターで「なんでうそばかりつくんでしょうか」「(松村氏に)謝罪を要求された」などと運営側を批判した。

 山口さんのツイートをもとに記者が質問したため、会見は紛糾。松村氏が報告書に記載されていないことを「書いてある」と発言していると問い詰められると、答えに窮して数分間、報告書を読み続けた後に発言を訂正する珍場面もあった。

 結局、事態を沈静化させるために開いたはずの会見は逆に悪化させ、インターネットでは運営側を批判するコメントで炎上した。NGT48の公式インスタグラム(写真共有アプリ)には、写真とはまったく関係ない運営批判のコメントがいまだに投稿されている。

相次ぐ契約更新保留、放送休止

 新潟県が広告出演契約の更新を保留したのを皮切りに、JR東日本、新潟市、が次々と同様の措置を取った。影響はメディアにも広がり、FM PORT(新潟県民エフエム放送)の「PORT DE NGT」、TeNY(テレビ新潟放送網)の「NGT48のにいがったフレンド!」、BSN(新潟放送)ラジオの「NGT48のガチ!ガチ?カウントダウン!」と「NGT48のガチ!ガチ?トーク」、FM新潟の「NGT48のみんな神対応!!ラジオあくしゅ会」がいずれも3月中に放送休止か終了となった。

 また、道の駅「新潟ふるさと村」(新潟市西区)で開催された「最高の新潟ラーメン祭」(3月30、31日)の「NGT48らーめん部トークショー」も中止に。同イベントの企画会社は「NGT48をめぐる一連の騒動が収束する兆しが見えないなかで、皆様が安心して心から楽しめるトークショーを実現させることは困難と判断致しました」としている。

第三者委員会の限界

 AKSの会見について、コンプライアンス(法令遵守)に詳しい郷原信郎弁護士は「第三者委員会が報告書に対する質問を受けなければ、会見の意味がない。山口さんが納得していないから、反論される事態を予想していたのではないか」と批判。企業が設置する第三者委について「企業の依頼を受けた通りにやる便利屋的存在になっている」とその限界を指摘した。

 産経新聞社は3日、AKSに同事件への対応について取材を求めたが、同社は「担当者がいない」と回答。暴行事件発覚以来、複数回にわたり取材を求めたが、ほぼ同様の回答だったことから質問書をファクスで送ったが、7日現在、返答はない。

 暴行事件が起きたのは、昨年12月8日午後9時ごろ。山口さんの自宅マンションの玄関先で、山口さんの顔を手でつかんで押したなどとして、新潟市内に住む無職と大学生の男性2人が暴行容疑で逮捕された。

 2人は「暴行はしていない」と容疑を否認。釈放され、不起訴処分になった。今年1月9日朝、山口さんが自身のツイッターで事件に巻き込まれたことを告白していた。

この記事を共有する

おすすめ情報