PR

【石野伸子の読み直し浪花女】複眼のコスモポリタン陳舜臣(6)司馬遼太郎…日本と中国は宿命、隣人の心を書く

PR

司馬遼太郎とは公私ともども交流が深かった=昭和53(1978)年ごろ、産経新聞の対談で
司馬遼太郎とは公私ともども交流が深かった=昭和53(1978)年ごろ、産経新聞の対談で

 43歳で阿片戦争を書いた陳舜臣は、その後長大な中国歴史小説を相次いで書いている。とりわけ40代、50代の執筆量はすさまじい。

 「秘本三国志」「小説十八史略」「ものがたり水滸伝」「新西遊記」をほぼ同時期に書いた時期もある。

 陳舜臣中国ライブラリー(集英社)は全30巻の中国ものの集大成だが、そこでは「自作の周辺」として執筆にまつわるエピソードをさまざまに語っている。昭和50(1975)年前後、多くの連載を同時進行で書いていたときは、それぞれの資料の読み込みが大変だったと吐露している。

 例えば、「秘本三国志」の基本資料として「後漢書」「三国志」「資治通鑑」などを中国語で読んだこと。すべてを頭に入れることは不可能なので、何度も読み返したため、ぼろぼろになって新しく手に入れたものもあるという。当の中国でも、三国志のドラマは簡略版や絵本や劇などで親しむ人も多い中、原典にあたり、歴史書と照らし合わせ、そこから自分の物語を紡いでいく厳しさ。

 「秘本三国志」のあとがきで、「これはあくまで私の三国志物語だ」と断っている。物語には少容という魅力的な女性が登場し、物語の展開に重要な役割を担うがこれは架空の人物。これこそ「小説家の特権だ」とこう語る。

 「三国志の世界を知るのは、中国の歴史だけでなく、中国人の心の素材を知ることでもあるのです。ですから、自分なりの三国志物語を書きたいと思っていたのです」(中国ライブラリー第13巻・自作の周辺)

 心を書く。それこそ小説家の仕事。

 「阿片戦争」を書いたきっかけも実は「心」の問題だった。初版本のあとがきで、執筆のきっかけとして、アーサー・ウェイリーが林則徐の日記をもとに書いた「中国人の眼を通じた阿片戦争」を読んだことを挙げている。

 ウェイリーは「源氏物語」の英文訳でも知られる才能豊かな東洋文学者だ。陳舜臣はこう語る。ウェイリーはアヘン戦争に特別な関心をもった。しかし、アヘン戦争に関しては当時の記録や資料としての著作は多いものの、中国人がアヘン戦争を書いた文学作品はほとんどない。

 ウェイリーは本来文学の人だ。他の民族の心の深層をとらえようとするとき、文学者ならまず書かれた文学の精髄をつかまえようとするだろう。彼は抜群の語学力の持ち主なのだ。かなり書き手の心に迫ることができる。「源氏物語」はいま多くの国で訳されているが、そのほとんどはウェイリーの英訳本からの翻訳だ。

 しかし、ない袖はふれない。アヘン戦争に関して見るべき文学書がないと知ったウェイリーは林則徐の日記に注目した。これならば当時の中国人の物の考え方をストレートに読み取ることができる。日記を英訳し、解説文をもってつなぐような形で戦争をとらえることで、「中国人の眼を通じた阿片戦争」を「欧米人に紹介する意図をもって」アヘン戦争を描くことができるだろう。

 変則的な形をとることになるが、それほどウェイリーはアヘン戦争に興味をもったのだ。「西欧と東アジアとの劇的な邂逅(かいこう)という歴史的事件」に。

 「それならば、という気もちが、私に阿片戦争を書かせた」と陳舜臣はいう。

 アヘン戦争に関してみるべき作品がないとしたら、自分がそれを書いてやろう。ウェイリーは当時まだ健在だった。日本語の作品として世に出しておけば、いつかウェイリーの目にとまるかもしれない。彼が英訳したいという気持ちを抱くような作品を書こう。

 「そんな夢想をしていたので、執筆中にウェイリーの訃報に接したとき、しばし茫然(ぼうぜん)となった」という。

 東洋と西洋、日本と中国。陳舜臣の視野は常に広角だ。

 日本と中国との関係はややこしい。陳舜臣本人も、戦前は日本国籍、戦後は中華民国籍、日中の国交樹立後は中華人民共和国籍と移り、天安門事件で日本に帰化という経緯をたどった。歴史に翻弄された一人といえる。

 大阪外国語学校(現・大阪大学外国語学部)の同窓生、司馬遼太郎とは公私ともども親交が深いが、対談集「中国を考える」の冒頭にこんな言葉を置いている。

 「日本と中国とが隣人であるのは、与えられた宿命であり、どうしようもない関係である。それに背をむけるのは、どう考えても不自然としかいいようがない。隣人であることが宿命であるなら、より正しい、より深い理解をめざすのが自然であろう」

 膨大な著作にその思いが刻み込まれている。   =この項、終わり

     ◇

【プロフィル】石野伸子 産経新聞特別記者兼編集委員。生活面記者として長らく大阪の衣食住を取材。生活実感にもとづき自分の足と感性で発見したホンネコラムをつづるのを信条としている。

この記事を共有する

関連ニュース

おすすめ情報