PR

【近ごろ都に流行るもの】「無香」でブーム再燃の「ココナツオイル」 認知症予防にも

PR

フィリピンのココナツ農場を視察するココウェルの水井裕社長(左、本人提供)
フィリピンのココナツ農場を視察するココウェルの水井裕社長(左、本人提供)

 3、4年前にブームになったココナツオイル。独特の香りが「苦手」「料理に使いにくい」などと持てあまされて“鎮火”したことが記憶に新しい。それが今、「無香」タイプが出回って、再び人気に火が付いた。有効成分「中鎖脂肪酸」を抽出したオイルは「MCT」とも呼ばれ、体脂肪になりにくく、認知機能をつかさどるケトン体を産生し、アルツハイマー病予防・治療の見地からも期待が大きい。(重松明子)

 通販「味とサイエンス」は3月、「Cecil無香ココナッツオイル」お徳用(1キロ、2016円)を発売した。「毎日の料理に使っていただくことが大切。前回ブーム終息の反省から、日本人の好みに合うオイルを研究してきた。約200度まで変質しないので、揚げ物や炒め物にも使ってほしい」とお客さまサービス担当の藤本進さん。

 オイルを監修するのは、抗老化研究で知られる白澤卓二医師。3月発行の米国の学術書『アルツハイマー病 真実と終焉(しゅうえん)』日本版の監修も手がけ、難解ながら7刷5万9千部という発行部数が、各方面からの関心の高さを示している。この本でもココナツオイルが強く推奨されている。

 「アルツハイマー病は脳が萎縮し、エネルギー源であるブドウ糖が使えなくなることで発症する“脳の糖尿病”。糖が使えない患者にも、ココナツオイルが産生するケトン体が脳に届いてエネルギーとなり、再び脳が働き出すという理屈です」と白澤医師。「無香ならば好き嫌いは関係ない。ココナツオイルの有効成分、中鎖脂肪酸自体は無味無臭なので、香りが抜けても効果は全く変わりません」

 白澤医師が院長を務める「お茶の水健康長寿クリニック」(東京都千代田区)ではアルツハイマー病患者に、ココナツオイルから中鎖脂肪酸だけを抽出したMCTオイルを処方。1回7グラム、1日3回摂取させている。

 「肝臓で代謝される約3時間後には記憶力の回復がみられる」と白澤医師。「50代でバリバリ働いていた方が、点滴の針を刺していることも忘れて動いてしまう…。そんな悲惨なケースを診てきましたが、臨床では9割の患者に効果がある」と語る。肝心なのは、糖とトランス脂肪酸を控えた食事習慣を並行することで、健康な人でも学習能力向上が認められるそうだ。MCTをコーヒーに入れて乳化するまでよく攪拌(かくはん)すると、カフェラテのようにマイルドになって飲みやすい。

 白澤医師はまた、ココナツオイルの抗菌作用で口内環境を整え、疾患を改善・予防する自然療法の口ゆすぎ「オイルプリング」も推奨している。

 「前回ブームで持てあましたココナツオイルがまだ手元にある方は、肌に塗ってもいいですよ」とは、ココナツ専門店の草分け「ココウェル」の水井裕社長だ。92%が飽和脂肪酸という構造上、酸素が遮断され、数年は劣化しにくいという。

 水井さんは留学先のフィリピンでココナツに魅了され、14年前に28歳で起業。当初オイルは、食用よりも化粧品需要が高かったという。

 東京・自由が丘の直営店では、玄米に炊き込むなどの健康的で多彩な活用法を提案。凝固しやすい性質を活用して、生チョコレートやリップクリームも手作りできるそうだ。前回ブームの後、同社の売り上げは4分の1に減ったが、好調の無香タイプ「プレミアムココナッツオイル」(460グラム1026円)が復活を牽引(けんいん)している。

 大手オイルメーカーでは、日清オイリオがMCTの認知症ケアに対する研究を長年続けており、無香の「日清ココナッツオイル」(130グラム950円)などがスーパーに並んでいる。

 6月17日、父の日。筆者は、めっきり物忘れが激しくなってきた父にココナツオイルを贈った。真意を告げたら、複雑な気持ちになるだろうか?

この記事を共有する

おすすめ情報