PR

【ビジネス解読】「キムチ宗主国」に何が起きた?韓国の代表的食品が今や中国産 異変のワケ

PR

韓国・ソウル市内の繁華街「明洞(ミョンドン)」。安価な中国産キムチは飲食店に浸透している
韓国・ソウル市内の繁華街「明洞(ミョンドン)」。安価な中国産キムチは飲食店に浸透している

 韓国の代表的食品「キムチ」に異変が起きている。キムチといえば韓国料理には欠かせない定番の漬け物だが、今や韓国国内では中国産が急増。昨年、韓国が中国から輸入したキムチはなんと輸出の10倍で、年々拡大している「キムチ赤字」は、過去最高額になったという。

 聯合ニュース電子版によると、韓国関税庁が1月に発表した輸出入貿易統計では、昨年のキムチの年間輸入量は約27万5000トン。このうち99%を中国からの輸入が占めたという。

 これに対し、韓国産キムチの輸出量は約2万4000トンにとどまり、輸入の10分の1足らずだった。キムチの貿易赤字は、前年比11%増の4730万ドル(約52億円)といい、赤字幅は前年比で11%増。赤字は初めて500億ウォン(4600万ドル)を超え、統計を開始した2000年以降では最大となったそうだ。

 キムチといえば、韓国料理にはなくてはならない付け合わせ。毎食、食卓に上り、家庭でのキムチ作りは韓国の家庭の初冬の風物詩だ。なのになぜ、輸入の方が輸出よりも多いのか。

 輸入が増えたのは、価格が要因のようだ。韓国産キムチは1キロあたり3.4ドル(370円)だが、輸入は0.5ドル(55円)とおよそ7分の1。韓国農水産食品流通公社の報告書によると、韓国内の外食産業がこぞって、安価な中国産キムチを利用しており、これが輸入量を押し上げているという。飲食店のほか、病院、学校の給食から、果ては社員食堂まで中国産キムチが浸透しているそうだ。

 韓国のキムチの輸出入額は、00年代前半まで黒字だったが、06年にはついに赤字に逆転。09年に一旦輸入が縮小したものの、それ以後は輸入が拡大し続けているという。輸入量は、07年には約22万トンだったが、この10年間で26%増加している。

 一方で、輸出が減っているのは、最大の輸入国である日本向けが減少しているためだそうだ。日本向けは年々減少傾向にあるといい、韓国農水産食品流通公社は「日本国内の景気の悪化や円安、人口減による消費量の減少、日韓関係の悪化」などが輸出減少の要因との見方を示している。米国や香港、台湾などへは増加しているものの、日本向けの減少で相殺してしまい、全体の輸出額は伸びていない。

 輸出が輸入の10倍となり、過去最大のキムチ赤字となったことは、韓国メディアにとってもショックだったようだ。聯合ニュースは「キムチ宗主国の屈辱 昨年貿易赤字4730万ドル、史上最大」などと報じ、各紙も取り上げた。

 というのも、韓国は「キムチの世界化」を目指して10年に、キムチをはじめ、コチュジャン(唐がらしみそ)などの伝統発酵食品に関する研究・開発を担う「世界キムチ研究所」を設置。研究所は韓国食品研究院の付属機関で、予算を1000億ウォン(約100億円)も投じたとされる。国を挙げてキムチを世界的なブランドに育て、韓国料理のグローバル化も後方支援したい考えだったからだ。輸出のイチ推し商品が、量や額で輸入品に負けてしまったのでは話にはならないということだろうか。

 ところで、韓国で実は「キムチ離れ」が進んでいるとの見方がある。キムチ離れが進んでいるのは若者が中心とみられ、洋食や和食などを食べるのが一般的になり、キムチを食べる機会が減っているからという。数年前から韓国では、若者の間で「イジャカヤ」と呼ばれる日本式の居酒屋も人気を呼んでいる。食の多様化が、韓国の伝統的な料理を食べる機会さえ減らしているようだ。

 韓国ではキムチの産地偽装も横行しているという。国立農産物品質管理委員会の発表によれば、昨年、産地偽装で摘発された飲食店や食品加工業者などは約4700件。このうち、キムチの産地偽装は全体の約4分の1(約1200件)で、豚肉に次いで2番目に多かったそうだ。安価な中国産を韓国産として販売していたようで、食の安全に関心の高い家族層は敬遠するだろう。(経済本部 小島優)

この記事を共有する

おすすめ情報