産経ニュース for mobile

【ビジネス解読】平昌五輪「YOUはその後、日本へ?」…経済効果は期待薄

記事詳細

ビジネス解読

平昌五輪「YOUはその後、日本へ?」…経済効果は期待薄

更新
平昌五輪の主要会場となるアルペンシアリゾート。奥はスキージャンプ台=2017年12月(松本健吾撮影) 1/11枚

 2月9日開幕する平昌五輪を前に、韓国では五輪による経済効果への期待が高まっているが、雲行きは怪しい。韓国国民の平昌五輪への関心は依然低く、観戦客目当てに宿泊料金を釣り上げたことから会場近くのホテルなどの予約状況も芳しくない様子。高速鉄道(KTX)を使えばソウルから五輪会場までは2時間以内と“近すぎる”ため、韓国では観戦後は観客が日本への観光に流れてしまうのでは、との懸念すら持ち上がっている。

<< 下に続く >>

 平昌五輪は2月25日までの17日間。ソウルから約180キロの江原道平昌郡を中心とする地域を会場として開催される冬季五輪で、7競技102種目で競われる。五輪の後には、3月9日から18日までパラリンピックも行われる。

 韓国の現代経済研究院は、その経済効果が五輪後の10年間で約65兆ウォン(約6兆5000億円)と試算。五輪に関連して外国人観光客39万人、韓国人観光客200万人が訪れ、消費も4兆7000億ウォン(約4700億円)に達すると予測する。

 五輪といえば、開催国のその年最大のイベントだ。日本でも2020年東京五輪・パラリンピックを控え、国民の期待が徐々に高まっているが、韓国はというと、どうもそうではないらしい。

 韓国・聯合ニュース日本語電子版によると、韓国の文化体育観光部が平昌五輪開幕を約50日後に控えて実施した昨年12月の世論調査で、「関心がある」と答えたのは9月の調査の39.9%より増加して45.1%となったものの、依然半数に満たない。パラリンピックに至っては27.9%と、ここに来ても低水準のままだ。「五輪が成功する」との回答は70.4%に上ったが、競技会場を訪れて観戦するとの回答は5.1%(複数回答)止まり。もはや直前ともいえるのに9月調査の7.1%より下がった。88.4%がテレビで観戦するとし、メディアのニュースで見るとの回答も54.5%だった。

 文化体育観光部は「最近(会場周辺施設の)宿泊費用の高さなど、否定的な話題が観戦意向に影響を及ぼしたとみられる」と盛り上がらない国民の心理を分析。さらに「政府と組織委員会が対策を講じたことによる宿泊費用の安定化傾向と、(ソウルと会場がある江原道・江陵とをつなぐ)KTXが開通したことによる効果は結果に反映されていない」と、好材料が反映されていないとも付け加えている。

 ただ、韓国国民の本音とすれば、自国開催なんだから成功してほしいのは当然だけど、冬の寒い時期に高い費用をかけてわざわざ見に行かなくとも、自宅でテレビで見るので十分ということなのだろう。ここに来て、五輪を北朝鮮との南北融和に利用しようとし、アイスホッケー女子の南北合同チーム結成や国旗ではなく朝鮮半島を描いた統一旗を掲げての合同入場行進を模索する文在寅(ムン・ジェイン)大統領を、これまで支持してきた若者らが批判しており、関心が高まるどころか反発すらおきかねない。

写真ギャラリー

  • 韓国・仁川国際空港と五輪会場がある江陵を結ぶ高速鉄道「KTX」=21日、江陵駅(桜井紀雄撮影)
  • 韓国・ソウル中心部に出現したアイススケートリンク。近くには平昌五輪のマスコットなども飾られ盛り上げていた=2017年12月(松本健吾撮影)
  • 韓国・ソウル中心部で平昌五輪のマスコットと記念撮影する子供たち=2017年12月(松本健吾撮影
  • 冬季五輪が開かれる韓国・平昌の中心街=2017年12月(松本健吾撮影)
  • 冬季五輪が開かれる韓国・平昌では世界の国旗が掲げられていた=2017年12月(松本健吾撮影)
  • 開閉会式が行われる韓国・平昌の「オリンピックプラザ」=1月6日(桜井紀雄撮影)
  • 屋根や外壁に平昌冬季五輪のマークやピクトグラム描かれたスピードスケート会場の「江陵オーバル」=1月3日、韓国・江陵(共同)
  • 韓国・江陵の五輪公園近くの公演候補地を視察に訪れた北朝鮮のヒョン・ソンウォル氏=1月21日(共同)