産経ニュース for mobile

平均年齢68歳「よど号グループ」ウェブサイト立ち上げ 「日本愛国」書き込む北朝鮮のお荷物?

記事詳細

平均年齢68歳「よど号グループ」ウェブサイト立ち上げ 「日本愛国」書き込む北朝鮮のお荷物?

更新
よど号グループが開設したサイトのトップページ。自宅アパートやアンテナが見える。写っているのは、左から赤木志郎▽森順子▽小西隆裕▽若林盛亮▽魚本公博▽若林佐喜子-の各容疑者(同サイトから) 2/8枚

 共産主義者同盟(共産同)赤軍派メンバーが日航機をハイジャックし、北朝鮮に渡った「よど号乗っ取り事件」(昭和45年)の実行犯で、現在も北朝鮮で暮らす「よど号グループ」のメンバーら=国際手配中=が11月末、ウェブサイトを立ち上げた。サイトでは、メンバーによる国際情勢や日本政治に関する評論などを掲載。しかし内容は「よど号事件に大義はなかった」と認めたり、皇室への敬意や民族愛を語ったりと、一般的にイメージされる「極左兵士」の姿からはほど遠い。また、NHK放送を見られるなど意外な“良い暮らしぶり”も紹介されている。彼らがサイトを開設した真意とは…。

<< 下に続く >>

「かりはゆく」終了

 「来年から北朝鮮でもサッカーの国内リーグができる。応援するのが楽しみ」(若林盛亮=もりあき=容疑者)

 「日本では見かけなくなったと聞くが、平壌市内では今でも石焼きいもの売店がいくつもある。この季節、人々が石焼きいもを新聞紙に包んで買っていく光景は本当にいいなあと思う」(森順子=よりこ=容疑者)

 「ようこそ、よど号日本人村」と題されたサイトは支援者らの協力を受け、11月29日に開設。サイト内の「よど号LIFE」ページでは、こうしたメンバーらの日々の雑感が並ぶ。

 また「議々論々」のページでは、憲法9条▽自衛隊のあり方▽トランプ米大統領のアジア歴訪▽北朝鮮の核問題▽先の衆院選-などのテーマについて各メンバーが評論しているほか、読者からの寄稿やフォトギャラリー、よど号事件の資料なども掲載している。

写真ギャラリー

  • 警察庁のよど号グループの手配写真。岡本武容疑者は北朝鮮で死亡したとされているが、警察当局は「死亡は未確認」としている
  • 日航「よど号」の機体 
  • 韓国・金浦空港に駐機中の日航機「よど号」。韓国政府は「北」を装い「歓迎」のプラカードを掲げたが赤軍メンバーに見破られた
  • 乗客131人を乗せたまま福岡空港に着いた「よど号」
  • ドアをがっちり閉じ、乗客をカン詰めにしたまま給油する日航「よど号」=昭和45年3月31日、福岡空港
  • 日航「よど号」=昭和45年4月5日
  • 乗っ取られた日航「よど号」を警戒する韓国兵士=昭和45年4月3日、韓国・ソウルの金浦空港