産経ニュース for mobile

【原発最前線】フリー記者の「演説」にどう対応? 規制委員長交代、会見で見えた新旧トップの違い

記事詳細

フリー記者の「演説」にどう対応? 規制委員長交代、会見で見えた新旧トップの違い

原発最前線更新
委員長着任会見に臨む原子力規制委員会の更田豊志氏=9月22日午後、東京都港区(福島範和撮影) 1/2枚

 原子力規制委員会の委員長が9月22日、初代の田中俊一氏(72)から更田豊志氏(60)にバトンタッチされた。2人は日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)で先輩・後輩の関係で、規制委では委員長と委員長代理のコンビとして運営をリードしてきた。ただ、着任後の更田氏の発言からは田中氏との「違い」も随所に見られる。福島への思い、記者への対応…その違いをクローズアップしてみよう。(社会部編集委員 鵜野光博)

<< 下に続く >>

福島への思いは…

 22日の着任会見冒頭、更田氏は「規制委は福島第1原発事故の反省と教訓に基づき設置された組織。委員長が交代しても福島への強い思いを持ち続けることが重要だ」と述べた。

 前任の田中氏は福島市出身で、委員長を引き受けた動機を「福島の事故の風化の歯止めに少しでもなれば」だったと明かしている。退任後は「復興に少しでも役に立てれば」と福島に戻った田中氏。福島への強い思いは明らかだが、では更田氏にとってのそれはなんだろうか。

 会見で問われた更田氏は、「私は福島県出身ではないので、地域性という意味では田中委員長のような思いを持つことは努力しても難しい」とした上で、こう語った。

 「私たち原子力に携わってきた者からすれば、福島という言葉は、地域以外に、あの未曾有の事故そのものを指している。大きな被害も、汚染された区域もそうだ。こういった事実に向き合っていくことを含めて、福島に対する思いという表現をとっている」

 さらに、「これだけ対策を打ったら、もうこういう事故は起きません…これは福島を忘れたことになる。私たちが安心を語りだしたら、福島を忘れたものだと思っていい」と述べ、「安全に対する追求姿勢を維持、強化することが、福島に対する思いを強く持つことと並行しているのだと思う」と発言の真意を説明した。

有識者会合の評価

 2人は地震を引き起こす活断層・破砕帯の評価を行った「有識者会合」をめぐっても違いがあった。

 再稼働に向けた原発の安全審査が長引く最大の理由となっている活断層・破砕帯の評価。当初は専門家で構成する有識者会合が規制委の安全審査に先行して評価を行い、その結果を規制委が事実上追認。しかし規制委は平成26年12月、有識者会合の評価結果を「報告」として受けつつも、規制委の安全審査で最終判断するという姿勢を明確にした。

写真ギャラリー

  • 退任会見で質問に答える原子力規制委の田中俊一委員長=9月20日午後、東京都港区