産経ニュース for mobile

【落語は「笑点」だけにあらず】新作も古典もどちらも…高座が注目されている若手、三遊亭わん丈

記事詳細

新作も古典もどちらも…高座が注目されている若手、三遊亭わん丈

落語は「笑点」だけにあらず更新

 落語家の師弟は不思議だ。どこかで必ず師匠に似てくる。それは噺だけではない。三遊亭わん丈(34)はまだ二ツ目になったばかりだが、かつてスーパー前座といわれていただけあって、高座だけでなく、しっかりとした考えを持つ。師匠の教えが、しっかりと弟子に伝わっている。

<< 下に続く >>

 わん丈は滋賀県生まれ。大学時代から、九州でバンド活動をやっていた。28歳のときに上京して、池袋演芸場で初めて見た落語家に「着物を着ているのも格好良いし、しゃべりもプロっぽいところが好き」と。何よりも、「出てくる人出てくる人がみんな太っていて、この業界は食える」と、思った。当時、バンドをやっていたので、食えなくてガリガリだった。

 平日の昼席で客席は50人ほど埋まっていた。バンドをやっているときは、お客さんは10人ほど。「業界として、生計を立てていける」と確信した。

 落語家になることに決め、半年かけて、師匠選びをした。そこで、円丈師匠を選んだ。

 「品があった」と、高座にあがったその姿を見た瞬間に「この人に弟子入りしよう。この人しかいない」と、決めた。

 前座時代に、円丈師匠に「もっとぼんやりしろ」と言われた。入門してすぐのころは、痩せていて、目も鋭かった。ギラギラしていた。「落語のなかに、君みたいな人は出てきません」と。

 落語は知らなかったが、歌を覚えるように、落語を覚えた。「耳はいい」と。だから、教えてもらった師匠の噺のコピーになってしまう。「この噺は何が大事か考えろ」と、常に師匠に言われた。

 「辛いことはなかった」と、朝が早いことに慣れるために、入門前に朝の早い立ち食いそば店で早朝5時半からアルバイトをした。だから、辛いこともなかった。

 落語家の世界は、音楽の世界とは違って、すべてが自然で、後悔することもなかった。「落語が、バンドをやっていたときことを無駄じゃなかったようにしてくれている」

 二ツ目になって、前座のときとの違いについて「前座のときには、汗をかかなかったが、今は少しかくようになった。今は気持ちの良い疲れ」と、話す。

プッシュ通知

写真ギャラリー

  • 三遊亭わん丈
  • 三遊亭わん丈