産経ニュース for mobile

【話題の漫画】ハンガリーから連絡が来た 国宝の豚を勝手にマンガにしたから怒られる? 豚好きこうじて国賓になった松本救助さん

記事詳細

ハンガリーから連絡が来た 国宝の豚を勝手にマンガにしたから怒られる? 豚好きこうじて国賓になった松本救助さん

話題の漫画更新

 東京港区のハンガリー大使館で1月24日、漫画家の松本救助さん(女性)を主賓に迎えて「国宝豚マンガリッツァを食べる試食会」が開催された。ハンガリー政府と松本さんの『ブタが好きすぎてハンガリーの国賓になりました』を刊行したポプラ社、ハンガリー最大手の食肉加工会社であるピック社の共同企画である。

<< 下に続く >>

 マンガリッツァは羊のような巻き毛に覆われたハンガリー固有の豚。20世紀初頭にはおよそ1000万頭が飼われていたが、1991年には191頭にまで減少、絶滅の危機に瀕した。精子バンクを創設するなど、官民をあげて保護に乗り出した結果、現在は5万頭前後にまで回復、2004年にはハンガリーの国宝に認定された。

 同国政府は、同豚を看板農産物として輸出、その利益を繁殖にまわすという戦略を取っている。マンガリッツァ豚の祖先は日本でも人気の高いイベリコ豚と同じで、肉質も味も非常に似ている。つまりおいしいのだ。さらに飽和脂肪酸が少ないため健康にもよいという。

 数年前、豚好きの松本さんは、ウェブの漫画誌に新宿ゴールデン街でマンガリッツァ豚がマスターを務める店を舞台にした「Bar:mangalica(バー:マンガリッツァ)」という作品を連載していた。そのころピック社の東京事務所では、同豚を騙った偽物が出まわっていないか、ネットでチェックをしていた。その時にひっかかったのが松本さんのマンガだった。当時所長だったパラノビチ・ノルバートさん(現駐日ハンガリー大使)は、FOODEX(国際食品・飲料展)に同豚を出品するにあたって松本さんに協力を依頼したのである。これが縁となって、松本さんはハンガリーに国賓として招待されることになり、2年前、現地に招かれた。そのいきさつを描いたのが『ブタが好きすぎてハンガリーの国賓になりました』だ。

 「連絡がきたとき、国宝を勝手にマンガに使ったことをとがめられると思いました」。松本さんはいまもこんな事態になったことが信じられない様子だった。

 漫画には、こうある。

 《ハンガリーがこんなに親しみやすい国だったなんて 街も人も食べ物も… 好きになる要素がたくさんありました!》

 そもそも、松本さんが豚を好きなのは、《ブタさんはね いるだけで人の心をその顔で ほっこりさせてくれるの…》《それにブタさんは裏切らないからだよ 男は裏切るけど ブタさんはずっとそばにいてくれる…》

     

 試食会でふるまわれたのは、前菜がラードパン紫タマネギのコンポート添え、パプリカ入りカッテージチーズクリーム詰めサラミ、生ハムの3品。サラミはピック社自慢の品で、生ハムはスペインのモンテ・ネバダ社という生ハム専門業者に作らせたもの。同豚のラードはさらりとして臭みもなく非常に食べやすい。これを塗ったパンは前菜としてうってつけ。ハンガリーの居酒屋の定番メニューという。スープはハンガリーの伝統的な煮込み料理であるグヤーシュスープ。サイコロ状の豚肉と野菜がごろごろ入った食べるスープだ。その味わいはボルシチに近い。

 主菜は肉団子キュウリのピクルス添え、ローズマリー風味ロースト、デブレツェンソーセージの3品。肉団子はビスケットの容器に盛られそのまま口に放り込める。ローストは柔らかでジューシーな肉質と旨みのある脂身が同時に楽しめる逸品。ソーセージはピック社の品である。

プッシュ通知

写真ギャラリー

  • ローズマリー風味ロースト
  • ラードを塗ったパン、紫タマネギコンポート添え(ハンガリーの居酒屋の定番メニュー)
  • パプリカ入りカッテージチーズクリーム詰めサラミ
  • ピリ辛グヤーシュスープ
  • デブレツェンソーセージ
  • 生ハム
  • 肉団子、キュウリのピクルス添え
  • 料理長のラーツ・ゲルーゴさん
  • ショムローイ・ガルシュカ(チョコレートソースとホイップクリームのスポンジケーキ)
  • マンガリッツァ豚の剥製
  • 「ブタが好きすぎてハンガリーの国賓になりました」(ポプラ社)