産経ニュース for mobile

【高論卓説】歴史に残る原発事故は眠気が原因!? 睡眠不足は「経済損失」招く 「働き方改革」成否は正しい睡眠にあり

記事詳細

歴史に残る原発事故は眠気が原因!? 睡眠不足は「経済損失」招く 「働き方改革」成否は正しい睡眠にあり

高論卓説更新

 政府が進めている働き方改革は、日本経済を成長に導くための重要な政策の1つだ。ただ、多様な働き方を追求するといいながら、制度自体が画一化されたものとなってしまう懸念もある。長時間労働の是正もその1つだろう。労働時間は短ければいいというだけではなく、「多様な働き方」の中では、成果を求めるために時には労働時間が長くなるケースもでてくるはずで、ある程度柔軟性のある制度も必要ではないか。

<< 下に続く >>

 一方で長時間労働が続くとどうしても睡眠不足に陥る。睡眠不足が続くと健康面に悪い影響をもたらすことも事実である。長時間労働に関しては、勤務終了時から次の始業まで一定時間を設けるインターバル規制などの配慮も必要だろう。ただ、人によって必要な睡眠時間も必ずしも一定とはかぎらない。

 よく睡眠時間は8時間必要といわれるが、厚生労働省健康局が作成した「健康づくりのための睡眠指針2014」によると、年齢に応じて睡眠時間は変化する。日本の成人の睡眠時間は6時間以上8時間未満の人がおよそ6割を占め、これが標準的な睡眠時間である。ただ実際に眠ることのできる一晩の睡眠の量は10代前半までは8時間以上、25歳で約7時間となり、その後20年経って45歳では6.5時間、さらに20年経って65歳になると約6時間というように、20年ごとに30分ぐらいの割合で減少していく。

 睡眠時間とは逆に寝床で過ごす時間は、20~30代では7時間程度なのに対し、45歳以上で徐々に増え、75歳だと7.5時間を超える。加齢に伴い睡眠時間は短くてすむのに、寝ようと寝床であがく時間は逆に増えるようだ。人間の体内時計は24時間より長いことから、1日24時間とのズレが生じる。この差をリセットするためには、起床直後に太陽の光を浴びるのが一番効果的らしい。平日の寝不足を補おうと土日に寝だめすると、逆にこのリセットのタイミングがズレるため、月曜の朝起きるのがかえって辛くなる。

 睡眠は「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2種類から構成されている。レム睡眠は眼球の運動を伴う浅い睡眠で、身体は休んでいるが、大脳は働いている。体温も上昇傾向にある。ノンレム睡眠はレム睡眠以外の睡眠のことで、大脳は休んでいて、体温は低下傾向にある。

 ノンレム睡眠は浅いまどろんだ睡眠から深い眠りまで4段階に分かれており、睡眠はこの「ノンレム睡眠とレム睡眠」の1セット約90分が繰り返される。最初は「深いノンレム睡眠とレム睡眠」の組み合わせだったのが、寝ている間にノンレム睡眠が浅いノンレム睡眠になり、さらに1セットの中でレム睡眠の占める比率が多くなっていき、目覚めにつながる。このパターンも規則正しい生活をしていると、朝はだいたい決まった時間に目が覚めるようになる。

プッシュ通知