産経ニュース for mobile

【防衛最前線(105)】中国空母「遼寧」を追った護衛艦「さみだれ」 「直虎」はじめ女子との縁も

記事詳細

中国空母「遼寧」を追った護衛艦「さみだれ」 「直虎」はじめ女子との縁も

防衛最前線(105)更新
映画「名探偵コナン 絶海の探偵」の海上自衛隊横須賀基地内イベントに参加し、護衛艦「さみだれ」の前でポーズをとる女優の柴咲コウさん=平成25年4月9日 1/13枚

 昨年12月25日、中国初の空母「遼寧」が沖縄本島と宮古島の間を太平洋に向かって通過した。海上自衛隊が遼寧の太平洋進出を確認した初の事態で、中国には第1列島線(九州-沖縄-台湾-フィリピン)を越えて空母艦隊を展開することで、日本や米国に戦力を誇示する意図があったとみられる。

<< 下に続く >>

 この緊迫した情勢下で遼寧を追跡したのが海自の護衛艦「さみだれ」(艦長・岡田裕二2等海佐)だ。さみだれは広島県呉市に司令部を置く第4護衛隊群に所属。沖縄へ派遣中に空母接近の報を受けて現場海域へ急行し、宮古島北東沖約110キロの海域を南東方向に航行する遼寧および随伴艦からなる計6隻の艦隊を発見した。

 その後は那覇基地所属のP3C哨戒機などと連携しながら監視を続けて情報収集に従事。領海侵犯はなかったが、仮に周辺の島へ接近するなどした場合、情勢が急変する可能性もあった。遼寧は太平洋へ抜けた後、西へと進路を変えて台湾の東側を通過し、年明けに南シナ海で演習を行った後、中国山東省・青島の母港に帰港した。

 さみだれが中国側の挑発に遭遇したのは、今回が初めてではない。平成23年3月には、沖縄本島北西沖約500キロの東シナ海にある日中中間線付近で、中国国家海洋局所属とみられるヘリコプターがさみだれから水平距離約70メートル、高度約40メートルまで異常接近し、さらには周囲を1周した。

 この海域は日中共同開発の協議対象であるガス田「白樺(中国名・春暁)」が間近にあった。幸いにして大事に至らなかったが、乗員の間には緊張が走ったという。

 さみだれは海自護衛艦隊の中枢を担う「むらさめ型」の6番艦として石川島播磨重工業が建造し、12年3月に就役。全長151メートル、全幅17・4メートルで基準排水量は4550トン。射程16キロの速射砲や潜水艦攻撃用の魚雷のほか対潜哨戒用のヘリコプターなどを搭載し、乗員約165人とともに最大速力30ノットで進むことができる。

 艦名は、陰暦の5月ごろに長々と降りつづく梅雨の雨である「五月雨」に由来。太平洋戦争で活躍した旧帝国海軍の駆逐艦「五月雨」から受け継いだ由緒あるものだ。

 駆逐艦「五月雨」は昭和12年に就役してから19年にパラオ近海で座礁するまでの7年間に、フィリピン作戦(16~17年)やミッドウェー作戦(17年)、ガダルカナル島の戦い(17~18年)やキスカ島撤退作戦(18年)、マリアナ沖海戦(19年)といった多くの作戦に参加し、その都度激戦を乗り越えてきた。

 このような先代の“遺伝子”を受け継いだからか、護衛艦「さみだれ」も先述の事例に加えて数々の現場を経験している。米中枢同時テロを受けたインド洋での補給活動には14、16年の2度にわたって参加。また、21年にはアフリカ・ソマリア沖の海賊対策で、自衛隊法の海上警備行動により初めて海外派遣された護衛艦としてアデン湾で活動し、その後も23年と25~26年にそれぞれ派遣された。

写真ギャラリー

  • 映画「名探偵コナン 絶海の探偵」の海上自衛隊横須賀基地内のイベントに参加し、護衛艦「さみだれ」の前でポーズをとる女優の柴咲コウさん=平成25年4月9日
  • 映画「名探偵コナン 絶海の探偵」の海上自衛隊横須賀基地内イベントに参加し、護衛艦「さみだれ」の前でポーズをとる女優の柴咲コウさん=平成25年4月9日
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)
  • 護衛艦「さみだれ」(海上自衛隊提供)