産経ニュース for mobile

【日活ロマンポルノ45周年】行定監督「胸がきれい」と絶賛 慶応大出のトランジスターグラマー、岡村いずみが新作「ジムノペディに乱れる」で激しい濡れ場 

記事詳細

行定監督「胸がきれい」と絶賛 慶応大出のトランジスターグラマー、岡村いずみが新作「ジムノペディに乱れる」で激しい濡れ場 

日活ロマンポルノ45周年更新

 11月20日に誕生45周年を迎えた日活ロマンポルノの新作第1弾「ジムノペディに乱れる」が26日に公開された。上映館の新宿武蔵野館(東京・新宿)には多くの老若男女の映画ファンが詰めかけ大盛況。往年のロマンポルノ・ファンをはじめ、日本映画の新たな息吹を感じたい若者らが期待を持って劇場に足を運んでいた。初めてロマンポルノを撮った「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)などの行定勲監督(48)はこの日、「“ポルノ監督”の行定です」と舞台あいさつをして観客の笑いを誘った。

<< 下に続く >>

 主人公は映画が撮れない映画監督・古谷(板尾創路)。肌のぬくもりを求めて映画学校の教え子(芦那すみれ)ら複数の女性と関係する1週間を描く。行定監督がモデルにしたのは、女性にもてすぎて1週間帰宅できなかったという伝説を持つ相米慎二監督(1948~2001年)だ。

 映画では6人の女性が裸体を披露するが、その中で行定監督が「胸がきれいでバランスが良かった」と絶賛するのが、古谷の映画をドタキャンする気の強い若手女優・安里を演じた岡村いずみ(26)だ。慶応大学卒の才女で「non-no」の元専属モデル。女優としてNHK大河ドラマ「真田丸」の侍女役などを務めている。今回は大胆な初ヌードを披露し、板尾と激しい濡れ場に挑んだ。「脱ぐことに抵抗はなくて、この仕事をしていたらそのうち脱ぐだろうし、脱ぐのならいい作品で脱ぎたかった」と語る。

 行定監督の狙いは、細身のヒロイン役の芦那と対照的な肉感的な女優の配役だった。本作で服を着ている状態から脱ぐところを見せるのにこだわったという監督は「女性が一番神秘的に見えるのは胸が見える瞬間なんです」と力説する。岡村はいわゆる“トランジスターグラマー”で、本人は身長が低いのに胸が大きいことがコンプレックスだったと明かすが、今回はそれが大きな武器になったわけだ。

 岡村の口からは何度も「これはチャンス」という言葉が出た。「今後も映画にどんどん出たい」と貪欲だ。本作が役柄の幅を広めたことは間違いない。(WEB編集チーム 伊藤徳裕)

プッシュ通知

写真ギャラリー

  • 映画「ジムノペディに乱れる」への出演について「チャンスだった」と語る岡村いずみ=東京・新宿(伊藤徳裕撮影)
  • 映画「ジムノペディに乱れる」への出演について「チャンスだった」と語る岡村いずみ=東京・新宿(伊藤徳裕撮影)
  • 映画「ジムノペディに乱れる」への出演について「チャンスだった」と語る岡村いずみ=東京・新宿(伊藤徳裕撮影)
  • 映画「ジムノペディに乱れる」で好演した岡村いずみ
  • 映画「ジムノペディに乱れる」で主演の板尾創路(右)を相手に演技をする岡村いずみ
  • 映画「ジムノペディに乱れる」で主演の板尾創路(右)を相手に演技をする岡村いずみ
  • 新作「ジムノペディに乱れる」に主演した芦那すみれ(c)2016日活
  • 初のロマンポルノ映画「ジムノペディに乱れる」を演出中の行定勲監督