産経ニュース for mobile

【カローラ半世紀(下)】米国では日常用、ブラジルでは高級車…カローラは多様なニーズに応え「100年ブランド」へ

記事詳細

米国では日常用、ブラジルでは高級車…カローラは多様なニーズに応え「100年ブランド」へ

カローラ半世紀(下)更新

 「地球人の幸福と福祉のためのカローラを」

<< 下に続く >>

 トヨタ自動車で初代カローラの開発主査を務めた長谷川龍雄氏(故人)が残した言葉は今も開発陣の胸に刻み込まれている。世界の人々の暮らしに役立つ最量販車であり続けるという志だ。その使命は後生に脈々と受け継がれている。

 カローラは日本で初代が発売された1966年に「地球人のためのクルマ」として早くも海外展開が始まった。まず豪州向けの輸出を開始し、米国、カナダにも拡大。68年にはマレーシア、豪州での生産が始まり、その後も南アフリカやトルコなどに広がった。今年8月時点では世界16拠点の工場で生産。販売エリアは世界154カ国に達し、年約130万台以上を売るトヨタの「最量販車」としての地位を盤石にしている。

 しかし販売エリアが広がったことで、難題も抱え込んでいる。先進国でも新興国でも受け入れられる新型カローラの開発がより強く求められているからだ。

 世界では同じ「カローラ」ブランドでも位置づけはさまざまだ。米国では日常用に使われ、ロシアや中国では中間層のファミリーカー、ブラジルやタイでは富裕層の高級車-と、地域によって購入者も利用目的も大きく異なっている。

 多種多様なニーズにどう応え、最量販車として、どう、よりよいクルマに仕上げていくか。それが、目下抱える最大の課題だ。その難題解決に取り組む次の12代目開発担当の小西良樹チーフエンジニアは「扱いやすさなどの強みを残しながら、乗って楽しく見た目にもかっこいいクルマに挑戦したい」と話す。

 先代が築いた安心・安全などの伝統に、デザインを含めた新機軸を打ち出し、既存顧客だけでなく、新規顧客の開拓につなげるのが目標だ。

 とりわけ所有者の平均年齢が高くなっている日本の仕様では、若者への訴求力を高める必要があると見る。世界ではトヨタの最量販車でも、日本では2007(平成19)年を最後に販売首位から遠ざかっており、ブランドを支える新たな担い手の掘り起こしが急務だからだ。

 英語で「花冠」を意味するカローラは、この半世紀に世界で4400万台を販売するなど自動車市場で大きな花を咲かせた。さらに次の50年に向けどんな大輪を咲かせるのか。歴代開発陣の「100年ブランドが続いてほしい」(6、7代目開発担当の斎藤明彦氏)との願いも乗せ、カローラ物語の新章が幕を開ける。

 (この連載は今井裕治が担当しました)

プッシュ通知