産経ニュース for mobile

【東京都知事選】宇都宮健児氏が出馬を断念した内幕を明かした! 「早く降りろ」と大量メール 「これでは市民運動は衰退する…」

記事詳細

宇都宮健児氏が出馬を断念した内幕を明かした! 「早く降りろ」と大量メール 「これでは市民運動は衰退する…」

東京都知事選更新
東京都知事選への出馬を取りやめる意向を表明し、記者会見を終える宇都宮健児氏=7月13日夜、東京都新宿区 3/9枚

 東京都知事選(7月14日告示、31日投開票)で、一時は立候補を表明しながら、告示前日の7月13日に立候補を見送った元日本弁護士連合会会長で弁護士の宇都宮健児氏(69)が産経新聞のインタビューに応じ、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産など推薦=を野党統一候補として擁立する際のいきさつなどを語った。(三枝玄太郎)

<< 下に続く >>

 --立候補断念の際の記者会見でもおっしゃっていましたが、誹謗中傷があったようですね

 「7月11日に野党共闘という形で鳥越さんが立候補することになり、私の選対事務局には『降りろ』といった電話やメールが殺到していたんです」

 --帝国ホテルで鳥越さんと会われたんですよね

 「12日に鳥越さんが帝国ホテルで出馬会見をしました。その後にお会いしました」

 「最初は古賀(茂明元経済産業省官僚)さんが立候補するという話でした。古賀さんはテレビやラジオで『宇都宮さんと話したい』とおっしゃっていた。それが急遽、鳥越さんに代わったので、こちらから『会いたい』と鳥越さんサイドに連絡しました。そのとき、もう告示日の14日まで12、13日しかない。だから鳥越さんの出馬会見の直後にお会いしたんです」

 「ところが帝国ホテルに行くと、2人だけが会談するための部屋が用意されていた。そこで『こういうことはオープンな席で』とこちらからお願いして、マスコミを入れてあいさつしました。こちらからも数人、向こうは鳥越さんのほかに民進党の関係者が大勢いました」

 「『どういう思いで立候補されるのですか』と聞いたら、鳥越さんは『参院選で改憲勢力が3分の2を取った。危機感を抱いて出馬を決意した』とおっしゃった。そこで『都政についてはどう考えていますか』と聞くと『これから考える』と言うのです。そんなわけで政策という意味で意見交換をしたかったのですが、できませんでした。そこで前日に記者会見で発表した政策資料を渡しました」

 --その後はどうされたんですか

 「選対事務所に戻ってどうすべきか支持者の方と話し合ったんです。午後9時半ごろから11時ごろまでやりました。『もう撤退しよう』という慎重派と、『断固出馬すべきだ』という積極派に分かれて激論になりました。政党に近い人に慎重派、無党派の方が積極派が多かったかな。私はどちらかというと、主戦派でした」

 --鳥越さんサイドからはその後、アプローチが?

写真ギャラリー

  • 選挙事務所で支援者やスタッフを前に敗戦の弁を述べる鳥越俊太郎氏=7月31日夜、港区南青山(宮川浩和撮影)
  • 鳥越俊太郎氏の選挙事務所でテレビのニュース速報を見る民進党の松原仁衆院議員。選挙戦の終盤、宇都宮氏に応援演説を要請するため、宇都宮氏の弁護士事務所を訪れた=7月31日午後、東京都港区南青山(宮川浩和撮影)
  • 東京都知事選の告示を前に共同記者会見に臨む宇都宮健児氏=7月13日午後、東京・内幸町
  • 民進党都連会長の松原仁氏と面会後に取材に応じる古賀茂明氏=11日午後、東京都内のホテル
  • 東京都知事選の告示を前に行われた記者会見で、手を合わせる立候補予定者の(左から)宇都宮健児氏、小池百合子氏、鳥越俊太郎氏、増田寛也氏。宇都宮氏はこの後出馬を取りやめる意向を表明した=13日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ
  • 出馬会見後、宇都宮健児氏(左)と会談に臨む鳥越俊太郎氏=12日、東京都千代田区の帝国ホテル(伊東繁撮影)
  • 都知事選の出馬について、記者に囲まれ質問を受けるタレントの石田純一氏=7月7日午後、東京・羽田空港(早坂洋祐撮影)
  • 弁護士の宇都宮健児(鈴木健児撮影)