産経ニュース for mobile

【試乗インプレ】キビキビ、そしてしっとり…どちらも味わえる欲張りコンパクト ミニ クーパーS クラブマン(前編)

記事詳細

キビキビ、そしてしっとり…どちらも味わえる欲張りコンパクト ミニ クーパーS クラブマン(前編)

試乗インプレ更新

 言わずと知れたBMWミニ。すっかり大きくなって、「もうミニじゃない」と陰口を叩かれつつも順調にモデルチェンジを重ね、ベースモデルは現行で3代目を数える。4ドアモデルからコンパーチブル、コンパクトSUVの「クロスオーバー」まで、派生車種も続々登場し、ミニに乗りたいけど、2ドアの前輪駆動だけでは…と購入を躊躇していた潜在購買層を貪欲に飲み込み続けている。今回はそれら派生車種の中から、ホイールベースを延長し4ドア仕立てで快適な後席スペースと広い荷室を確保したクラブマンに試乗した。(産経ニュース/SankeiBiz共同取材)

<< 下に続く >>

ついついアクセルを踏み込ませるゴキゲンサウンド

 いつもの通り渋滞路を含む市街地、高速道路、山坂道の3パターンで試走。山坂道は、東京・青梅から奥多摩湖を経由し山梨に至る国道411号線を走ってきた。

 試乗車はクーパーSという中堅のスポーティーグレードで、ターボ付きの2リッター4気筒エンジンを搭載。結論から言うと、カタログ数値どおりパワフルかつトルクフルでクーパーSの名に恥じない心臓である。発進、加速、巡行のいずれの場面でも全く不足を感じない。むしろ普通に走る分には下位グレードに搭載されている1.5リッターの3気筒で十分では…とすら思えた。

 BMWが作ったエンジンらしく、ゴキゲンなサウンドに背中を押され、ついついアクセルを踏み込んでしまう。このあたりはBMWのX1に試乗した時に感じた高揚感とよく似ている。

旋回はキビキビと、直進巡行はしっとり大人っぽく

 ノーマル、エコ、スポーツと3つのドライブモードを備え、状況に応じて出力特性を切り替えることで、走りの良さと乗り心地の両立を図っている。運転していてはっきりと違いがわかるのはやはりスポーツモード。高回転を維持するシフトプログラムとなり、アクセル操作に対するレスポンスも鋭くなる。

 ゴーカートフィーリングと言われるミニ独特のハンドリングは、クラブマンでも健在だ。走行モードをスポーツに切り替え、峠道をハイペースで駆け抜けると、ハンドル操作にキビキビ反応し、意のままに旋回していく爽快感を味わえる。ただ、ベースモデルのミニよりもホイールベースが長い分、思ったよりも挙動は穏やか。「大人のためのミニ」というメーカーがこのクルマに与えたキャラクターが、走りにも表れていると感じた。

 その走りの大人っぽさは実は高速道路での巡行や街乗りで存分に発揮される。ノーマル、またはエコモードで走れば、低速からしっかりトルクのあるエンジンと、こまめにシフトアップする多段8速ATのおかげで、低回転を維持したまま流すことができるから、車内は意外なほど静か。加えて、長いホイールベースが、運転疲れを軽減する直進安定性と良好な乗り心地にも一役買っている。

 ミニクーパーと言えば、ボーイズレーサーの象徴のようなブランドだが、ことクラブマンにあっては、その素性を持ちつつ、大人っぽく、しっとりと走ることも得意な二面性を持ったモデルという印象を強く持った。

プッシュ通知