産経ニュース for mobile

【2018平昌五輪】実はマスコットさえまだ決まっていなかった…韓国民の関心度わずか10% これまで何をしていたのか?

記事詳細

実はマスコットさえまだ決まっていなかった…韓国民の関心度わずか10% これまで何をしていたのか?

2018平昌五輪更新

 財政難、新設競技場工事の難航など難問が山積する平昌五輪だが、さらなる難問が開幕まで2年を切った段階で解決していない。韓国内で同五輪の盛り上がりが低調と伝えられる状況で、ブームづくりの鍵を握る「マスコット」がいまだに発表されていないのだ。韓国メディアは今年6月に開催される国際オリンピック委員会(IOC)の執行委員会で承認され次第、発表されるという見通しを報じるが、本番まで残り1年6カ月に迫る。広報活動の遅れはすでに観客動員に影響しているようで、五輪組織委員会は4月11日に入場券価格を発表したが、観衆を呼び込むために価格を低く抑えなければならない要因もあったようだ。不備続きの平昌五輪の状況に、韓国ネットユーザーは「平昌五輪ブームを巻き起こすなんて可能なの」と呆れるばかりだ。

<< 下に続く >>

 冬季五輪でマスコットが導入されたのは1976年インスブルック大会が初めてという。これまで開催地域性を踏まえて、クマやオットセイ、フクロウなど親しみやすいものが制作された。五輪の象徴的な存在となり、前評判を盛り上げるイベント活動などで活用されている。1988年ソウル五輪では開催5年前には決定され、遅くとも3年前にマスコットが決まっているのが通例になっている。

 平昌五輪は11年7月に招致に成功した。つまり5年も前だ。SBSは、マスコットの未決定によって五輪ブームの造成が正常に行われておらず、マーケティングにもデメリットが生じていると指摘する。大概、五輪記念グッズの定番といえるバッグやTシャツ、マグカップなどにはマスコットの絵などが刷り込まれ、本番前には提供されて話題づくりに活用される。

 今年1月11月付の朝鮮日報ではマスコット選定の遅延を指摘する記事が掲載された。招致活動に12年間をかけ、国力をつぎ込み、厳しい条件をクリアしてやっと招致したのに「韓国は十分に(五輪を)活用できていない」と批判。そして、多額の費用を掛けずに国民の機運を盛り上げ、五輪の雰囲気を醸成する役割を果たすマスコットの国民の意見集約を先送りしていると厳しく追及する。

 今年2月時点で平昌五輪への関心は国民の10%に見たないとSBSは伝える。江原道と首都ソウルから遠い地方のため、国民的な関心を高めるのが難しいと評されるだけにマスコット選定の遅れが影響しているとの批判は的確といえる。

  • 1
  • 2