産経ニュース for mobile

【酒井充の野党ウオッチ】無所属なのに党役員ってどういうこと? こんな脱法行為を是とする民進党に立憲主義を掲げる資格があるのか

記事詳細

無所属なのに党役員ってどういうこと? こんな脱法行為を是とする民進党に立憲主義を掲げる資格があるのか

酒井充の野党ウオッチ更新

 民主党が維新の党を吸収合併した民進党が3月27日に発足し、150人規模の野党第一党が誕生した。ただ、新代表は旧民主党の岡田克也代表が「続投」したとあって、「新党」のイメージを欠き、政党支持率も伸び悩んでいる。あまり注目されない中で、党に所属しない無所属の国会議員が党の要職に就くという不可解な“脱法行為”が、淡々と実行されていた。

<< 下に続く >>

 経緯が複雑なので、順を追って説明する。民進党は旧民主党の130人、旧維新の党の21人、解散した改革結集の会の4人、無所属だった水野賢一参院議員の計156人で発足した。解散した旧維新の党は議員26人の政党だったが、参院議員の小野次郎、川田龍平、柴田巧、寺田典城、真山勇一の各氏は民進党に参加しなかった。正確に言えば、この5人は参加したくてもできなかった。比例代表選出議員の政党の移動を原則禁じた国会法の規定があるためだ。

 小野、柴田、寺田3氏は平成22年の参院選で当選した。真山氏はこの選挙で落選したが、24年に繰り上げ当選している。川田氏は25年の参院選で当選。いずれもみんなの党の比例代表で当選した。だが、党内抗争が激化したみんなの党は26年12月の衆院選を前に解散した。

 国会法は、比例選出議員の政党の移動禁止の「例外」として、選挙時には存在しなかった新党への参加や、他党との合併に伴う移籍などを認めている。ただし、合併の場合は比例名簿を届け出た政党が存続していることが条件となる。

 本来ならば、松野頼久衆院議員(比例九州)ら旧維新の党の比例当選議員も民進党に参加できない。しかし、民進党は民主党を存続させた上で維新の党が合流する「存続合併」方式で誕生した。松野氏らは旧維新の党として合併を意思決定したので、合流が可能となった。

 一方、みんなの党はすでに解散していたため、当選時にみんなの党に所属していた小野氏ら5人の民進党への合流を意思決定すべき主体が消滅したとみなされている。そのため5人は民進党に参加できないのだ。

 しかし、小野氏は民進党の副代表に、川田氏は「次の内閣」厚生労働相にそれぞれ就任した。副代表は、党規約で「党運営に関する重要事項を議決する機関」と定めた常任幹事会のメンバーだ。川田氏も、党の政策を審議、決定する「次の内閣」の一角を占める。いずれも要職といえる。民進党には今後、税金による政党助成金が97億4300万円(28年分)交付される。巨額の税金が投入される公党の意思決定に、「部外者」の国会議員が深く関与するというわけだ。

 なぜ、このような事態が生じたのか。

プッシュ通知