産経ニュース for mobile

【衝撃事件の核心】「ゼロを加える」書き換え自由の口座 ビットコイン消失は「ブーム」のエンディング

記事詳細

「ゼロを加える」書き換え自由の口座 ビットコイン消失は「ブーム」のエンディング

衝撃事件の核心更新

 仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の取引所「マウントゴックス(破産)」からBTCが消失し、口座を不正操作したとしてマウント社CEOのマルク・カルプレス容疑者(30)が逮捕された事件。警視庁の捜査で、犯行の経緯が徐々に明らかになってきた。捜査や従業員の証言からは、カルプレス容疑者のずさんな経営がそのまま破綻を招いた過程が浮かび上がる。

<< 下に続く >>

残高いじり放題「預金通帳にゼロ足すのと同じ」 ずさんなシステム

 それは、打ち出の小づちとしか呼びようのない権限だった。

 カルプレス容疑者は平成23年春に創業者から取引所を受け継いで以降、CEOの権限を使ってマウント社の帳簿上の自分の口座の現金やBTCの残高を何度も100万ドル単位で水増しし、書き換えてきた。

 マウント社は顧客から預かった現金とBTC、マウント社の現金とBTCを口座を分けずに管理。現実の口座と、帳簿の数字の突き合わせもしておらず、帳簿上の数字はCEO権限で「いじり放題」だった。

 カルプレス容疑者は権限を独占して従業員に知らせず、26年2月までに数十億円分を水増しし、BTC取引に投入。25年までに消失していた数十万BTCを穴埋めする一方で、価格が高騰したBTCを購入したことで、多額の損失を計上していった。

 破綻直前にはBTCを売却し、顧客の預かり金を回収。破産手続きを有利に進めるため、債務を現金からBTCに変換する意図があったとみられる。

 「子供が預金通帳にゼロを加えようと考えるのと同じこと。それだけずさんなシステムだった」。捜査関係者はそう指摘する。

債権者集会でも追及 「資金、一瞬で消えた」

 「カルプレス代表がどこかに隠してしまっている可能性もあるのではないか」。26年7月、マウント社の破産管財人が開いた第1回債権者集会で、債権者らは、消失した現金やBTCの行方について、マルク・カルプレス容疑者や破産管財人を問いただした。

 「調査中」を繰り返すばかりだった債権者集会から1年超。警視庁は、カルプレス容疑者を逮捕した。

 「大事な資金が一瞬で消えた」。マウント社に約73BTC(256万円相当)を預けていた債権者の一人、東京在住の日本デジタルマネー協会代表理事の本間善実(よしみつ)さん(47)はそう訴える。

 異変は破綻の3カ月前から感じていた。マウント社にBTC取引を依頼しても、一向に進まない。2カ月かけて40BTCを引き上げたが、「大丈夫」という周囲の声にも押され、再度73BTCをマウント社に入金。間もなく、マウント社は破綻を発表した。

 本間さんは「事件の全容を一刻も早く明らかにして、現金もBTCも利用者にとっとと返してほしい。カルプレス容疑者も、何が起きたかを説明すべきだ」と訴えている。

元従業員?書き込み「会社運営、彼にはゲーム」

 世界最大の取引所の破綻は世界に衝撃を与えたが、元従業員らにとってはごく当然のことだったようだ。

 《彼は(プログラミングなどは)天才だったが、マウント社の運営は彼にとってゲームに過ぎず、預かり金も画面上の数字以上のものには見えていなかった》

 カルプレス容疑者の逮捕後、インターネット上にマウント社の正規アカウントを使って元従業員の実名を名乗る書き込みがあった。

 書き込みや別の従業員によると、社内の財務状況を不審に思った従業員らは24年ごろ、取引量などから財務状況を試算して、売り上げ以上に支出していたことを発見。数字をカルプレス容疑者に突きつけた。

 だが、カルプレス容疑者は意に介さず、こう言い放ったという。「祖母がスイスの城に住んでいるから(大丈夫)」。当時の従業員は一人、また一人とマウント社を去っていった。

会計担当に相談なく出金 「身の丈以上の投資」

 捜査関係者によると、カルプレス容疑者は会計担当者や会計事務所に事前に相談することなく、顧客からの預かり金の入ったマウント社の口座から自由に事業などに出金していた。

 マウント社は25年以降、親会社など関連会社3社やカルプレス容疑者に対し計約11億円を投資。手数料だけで数億円を売り上げた月もあったが、販売管理費の高騰やBTC取引による損失で、手持ちの自己資金は枯渇していたとみられる。

 捜査関係者は「身の丈以上の投資。銀行からの借り入れもなく、預かり金を流用する以外に原資はなかった」と指摘する。

 知人によると、カルプレス容疑者は破綻目前の26年初頭、約6千万円を投資していたBTCで飲食できるカフェの開設に意欲を示していたという。

 産経新聞の取材に応じた元従業員の男性は「いつでも自分が好きなことを優先させる性格。カルプレス容疑者が原因で破綻したといわれても『やっぱり』としか思わない」と話した。