産経ニュース for mobile

【北朝鮮情勢】金正日総書記、死亡は長女宅 「命日」前夜、正恩氏の電話に激高

記事詳細

【北朝鮮情勢】金正日総書記、死亡は長女宅 「命日」前夜、正恩氏の電話に激高

更新

北朝鮮の金正日総書記 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が2011年12月16日夜に長女の金雪松(ソルソン)氏(39)宅で倒れ、搬送先の平壌近郊の別荘で死亡していた可能性が高いことが、龍谷大学の李相哲教授の研究で明らかになった。脱北した元高官らの証言などから分析した。同月17日朝に視察に向かう列車の中で死亡し、12月17日を「命日」とする北朝鮮の公式発表を覆すもので、金総書記に対する権威付けが大きく揺らぐことになる。(桜井紀雄)

 金総書記の警護や健康管理を受け持つ護衛総局(現護衛司令部)元幹部ら韓国に脱北した複数の元高官の証言や、金総書記の死亡に触れた中韓の政府文書を基に李教授が検証を進めた。

 それによると、11年12月16日夕、地方視察をとりやめ、平壌市内の雪松氏宅を訪れた金総書記は、娘と酒を飲み、寝室で休んでいた午後8時過ぎに卒倒。直前には三男、金正恩(ジョンウン)第1書記からとみられる電話を受け、激高したともされる。

 随行した医師から応急手当てを施された後、平壌郊外の江東(カンドン)郡にある別荘「32号招待所」に移されたが、意識が戻らず、午後11時に死亡が確認されたという。死因は過労とストレスによる心臓ショックに伴う心筋梗塞とされた。

 金総書記は、08年夏に脳卒中で倒れた後、人工透析が欠かせない状態だった。李教授は、長時間に及んだ前日の視察の疲れ▽常服薬を飲まずに飲酒▽電話に激高した心労-の3つが重なったことが原因とみている。

 北朝鮮は2日半たった11年12月19日正午に金総書記が「17日午前8時30分、現地指導の途上、急病で逝去した」と発表。「人民の幸福のため昼夜分かたず活動し、走る野戦列車内で心筋梗塞を起こした」と説明した。

 しかし、金総書記の専用列車が平壌から動いていなかった事実を米韓当局が衛星情報から確認しており、「17日に死亡」とする発表は当初から疑義が持たれていた。

 李教授は「娘宅で酒を飲んで亡くなったというのでは、神聖化する最高指導者としては平凡過ぎ、最後まで人民に尽くしたという形に改竄(かいざん)したのだろう」と指摘している。

ランキング