PR

加藤官房長官、ガザ停戦「歓迎」 緊急の人道復興支援も検討

PR

会見に臨む加藤勝信官房長官=21日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=21日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は21日の記者会見で、イスラエル政府とパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの停戦が発効したことを「歓迎する」と述べた。同時に、日本政府として信頼醸成に向けた取り組みを継続するとともに、緊急の人道復興支援を含めて積極的な役割を果たしていくとの方針を示した。

 日本政府がこれまで国際社会と連携しながら、イスラエルとパレスチナの双方に事態の沈静化を働き掛けてきたと説明。「今般の合意が持続的な停戦と長期的なガザの安定化につながることを強く期待する」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報