PR

自民、障害配慮法案を了承 差別解消が企業義務に

PR

 自民党の内閣第1部会などの合同会議は25日、障害者差別解消法の改正案を了承した。障害がある人の移動や意思疎通を可能な範囲で支援する「合理的配慮」を企業に義務付ける。政府が3月上旬に閣議決定し、今国会での成立を目指す。合理的配慮は、段差のある所へのスロープの設置や、聴覚障害がある人との筆談でのやりとりが想定される。

この記事を共有する

おすすめ情報