PR

自民・竹下元総務会長、山田内閣広報官に猛省促す「7万円も何食ったの?」

PR

自民党・竹下亘氏(春名中撮影)
自民党・竹下亘氏(春名中撮影)

 自民党の竹下亘元総務会長は25日、菅義偉(すが・よしひで)首相の長男、正剛(せいごう)氏が勤める放送事業会社「東北新社」から山田真貴子内閣広報官が総務省在籍時に単価7万円超の接待を受けたことに対し、猛省を促した。「一人で7万円も、何を食ったんだという思いすら持っている。国民の視線をしっかりと受け止めて活動しなければならない」と述べた。

 竹下氏は、東北新社からの度重なる接待で総務省幹部ら計11人が減給などの処分を受けたことについても「処分は当たり前だ。公務員たるものはしっかり自覚をもってやらないといけない」と襟を正すよう求めた。竹下派(平成研究会)の会合後、記者団に語った。

この記事を共有する

おすすめ情報