PR

公明・北側副代表、土地買収規制法案に改めて慎重「国民生活関わる」

PR

公明党・北側一雄副代表(春名中撮影)
公明党・北側一雄副代表(春名中撮影)

 公明党の北側一雄副代表は25日の記者会見で、自衛隊基地などの安全保障上重要な施設周辺の土地利用で一定の規制を可能にする法案について丁寧な議論が必要との認識を示した。「経済活動の自由に関わる。慎重に議論しないといけない」と述べた。一方で「法案の趣旨はよく理解できる」とし、「精力的に(党内で)議論している最中だ」と明かした。

この記事を共有する

おすすめ情報