PR

麻生財務相、中国海警船領海侵入「冷静かつ毅然と対応」 

PR

麻生太郎副総理兼財務相(春名中撮影)
麻生太郎副総理兼財務相(春名中撮影)

 自民党の麻生太郎副総理兼財務相は25日、麻生派(志公会)の会合で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に中国海警局の船の侵入が相次いでいることに関し「侵入が頻繁しているという事実がある。これについては冷静かつ毅然(きぜん)(きぜん)と対応していかなければならない」と述べた。

 麻生氏は「内政や外交、国防などわれわれは大きな問題を抱え、それに対応するのが政治家の仕事であり、与党の大きな仕事だ。気を緩めることなく、緊張感をもってきっちり対応するよう重ねてお願いしたい」と呼びかけた。

この記事を共有する

おすすめ情報