PR

自民若手、孤独対策を官房長官に提言「定義を明確に」

PR

 新型コロナウイルス感染拡大で深刻化する孤独問題をめぐり、自民党の若手議員による勉強会は25日、首相官邸で加藤勝信官房長官や孤独対策を担当する坂本哲志1億総活躍担当相に提言を渡した。

 提言は、呼び掛け人代表の鈴木貴子衆院議員らがまとめた。生活環境の激変や貧困、ドメスティックバイオレンス(DV)、虐待など「さまざまなトリガー(引き金)で社会的孤立状況に陥る」と強調。こうした人たちを政府が「支援対象者」と明確に定義し、人や地域とつながる仕組みを構築すべきだとしている。

 鈴木氏によると、坂本氏は「政府としてしっかり取り組んでいく覚悟がある」と応じたという。鈴木氏は「一過性の取り組みであってはならない」と指摘した。

この記事を共有する

おすすめ情報