PR

首相、緊急事態宣言は週内にも一定の方向性、ワクチンは2回接種維持

PR

出邸する菅義偉首相=24日午前、首相官邸(春名中撮影)
出邸する菅義偉首相=24日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉首相は24日、公明党の山口那津男代表と官邸で会談し、新型コロナウイルス特別措置法に基づき10都府県に発令している緊急事態宣言の解除について、週内にも一定の方向性を出す意向を示した。

 新型コロナのワクチン接種で浮上している国民への1回接種を優先させる案に関しては、「2回接種するということで準備をしてきた」と述べ、現状の2回接種の方針を維持する考えを示した。

 山口氏は会談後、記者団の取材に応じ、首相が自身の長男、正剛(せいごう)氏が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題について、「いろいろご心配をかけ、大変申し訳ない」と陳謝したことも明らかにした。山口氏は記者団に「(政府として)襟を正して出直すべきであり、真摯な対応を期待したい」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報