PR

自民党に離党届提出の橋本組織委会長「公平公正に大会運営」

PR

自民党・二階俊博幹事長へ離党届を提出し記者団の取材に応じる東京五輪組織委員会・橋本聖子会長=19日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
自民党・二階俊博幹事長へ離党届を提出し記者団の取材に応じる東京五輪組織委員会・橋本聖子会長=19日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の橋本聖子参院議員は19日、自民党の二階俊博幹事長に離党届を提出した。橋本氏は提出後、記者団に「公正公平な立場で大会を運営していかなければいけないと思い、離党を決意した」と理由を語った。議員辞職はせず、無所属の参院議員として活動を続ける。

 橋本氏は19日午前には離党しない考えを記者団に示していた。橋本氏は「IOC(国際オリンピック委員会)の見解は問題ないということだった。さまざまな人の声を聞く中で考えを改めた。政党に所属することは、国民の皆さんに理解していただくことができないと判断した」と説明。「混乱を招いたことは心からおわびしたい」と話した。

 今後の政治活動については「無所属の国会議員という立場で、自分自身の考えで政治活動をさせてもらいたい」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報