PR

「コロナで問題浮き彫りに」 公明が孤独、孤立の対策本部初会合

PR

 公明党は18日、孤独や孤立の問題に関する対策本部の初会合を開いた。山本香苗本部長は「居場所がない女性の性被害や子供の自殺など、以前からあった問題が新型コロナウイルス感染拡大で浮き彫りになった」と強調、政府への提言をまとめる考えを示した。

 孤独対策をめぐっては坂本哲志1億総活躍担当相が12日、孤独問題を担当するよう菅義偉首相から指示を受けた。内閣官房に設置される対策室の室長には谷内繁内閣審議官が就任する。谷内氏は会合で、対策室は19日に発足すると説明した。

この記事を共有する

おすすめ情報